黒にんにくの効能は?

黒にんにくの効能は?黒にんにくは、通常の白いにんにくよりも栄養価が高く、様々な効能があることが分かっています。

健康美容などにメリットが大変多い黒にんにくには、どのような働きがあるのか、

注目したい効能についてご紹介したいと思います。

 

通常のにんにくとの違いとは?

 

にんにくは夏バテ防止など、スタミナ料理には欠かせない食材の一つです。

アクセントなる味や臭いがとても好まれていますが、料理の食材としてだけでなく、色々な健康へのメリットがある体によい食べ物でもあります。

白いにんにくの他には、最近とても注目されているのが黒にんにくです。

黒にんにくは通常の白いにんにくを熟成させたもので、栄養価も大変よく注目をされています。特に目立つ違いには、にんにくの特徴でもあるあの独特な臭いの硫黄化合物を除去している事です。

そのため、黒にんにくには臭いがなく、毎日食べても口臭の心配が無いという点がメリットになっています。

にんにくを食べたくても臭いが心配で避けていた人も多いと思いますが、黒にんにくなら栄養価も高くさらに臭いの心配もありません

そして黒にんにくの病気予防にもなる成分Sーアリルシステインですが、これはポリフェノールの一種で白いにんにくには含まれていません。

この成分には血液サラサラにする効能や、抗酸化作用がとても高い点が特徴になっています。黒にんにくは白にんにくに比べても、有用な効能がさらにアップしたものなのです。

 

黒にんにくの効能について

 

黒にんにくには健康維持の為にとても効果的な働きがたくさんあります。

にんにくの有用成分には殺菌効果があるために、風邪の予防などの働きがとても高い事が特徴です。

インフルエンザや、ノロウイルスの予防にもとても効果があり、風邪の流行シーズンには特に心がけて食べたいものですね。

そして黒にんにくの効能には、アンチエジングの働きがとても良いことが特徴になっています。

黒にんにくの成分、S-アリルシステインには体の老化を防ぐ働き美容効果など、体の細胞の老化を遅らせる働きがあります。

他にも疲労回復滋養強壮など様々な効能があることが特徴になっています。

黒にんにくは家庭で作ることも出来ますが、時間をかけて熟成をさせる為に手間がかかる事や、熟成中のにんにくの臭いなどが気になる点もデメリットです。

手作りするのが大変な場合は、市販で黒にんにくを購入する方法もあります。

黒にんにくは、女性でもとても食べやすくなっていますので、冷え性の改善など女性特有のトラブルにも効果的になっています。一度にたくさん食べても効果はありませんので、継続して毎日食べる事が必要です。

 

【その他の黒にんにくの効果と効能】

黒にんにくには健康にいい様々な効果や効能がありますが、ここではさらにそれぞれの効果や効能について紹介したいと思います。黒にんにくには悪玉コレステロールやピロリ菌に効いたり、女性に嬉しいダイエット効果やアンチエイジング効果もあるとされています。さらには血液をさらさらにして血管の詰まりを改善したり、聞き慣れないですが活性酸素除去効果もあります。

 

黒にんにくには「アホエン」という成分が含まれています。このアホエンという成分が非常に優秀で、抗がん作用だけでなく、殺菌作用もあるとされています。殺菌作用は食中毒の原因とされるO-157を死滅させるだけでなく、腸内のピロリ菌にも効果があります。ピロリ菌は胃がんなどの原因になるとされ、増えすぎると健康に悪影響を及ぼすといわれています。ピロリ菌にはヨーグルトがいいといわれていますが、黒にんにくならヨーグルトが苦手な方でも手軽にピロリ菌の増やさないように対策できますね。

 

皆さんは善玉コレステロール、悪玉コレステロールという言葉を聞いたことがあるでしょうか?言葉の通り、善玉コレステロールは悪さをしないため放っておいても問題はありません。しかし、悪玉コレステロールは増えると動脈硬化の原因となります。動脈硬化は自覚症状が少ないため、気付いたときには死に至るほどだったということもあります。血中のコレステロールを減らして、動脈硬化を予防してくれるのが黒にんにくに含まれる「ジアリルジスフィド」という成分です。

さらにこのジアリルジスフィドという成分は血液をさらさらにして血管の詰まりを改善し、脳卒中や心筋梗塞のリスクを減らしてくれる効果もあります。ひとつの成分でふたつの効果があるのは嬉しいですね。

 

黒にんにくは普通のにんにくよりも含まれている成分が多いことで知られています。にんにくの脂肪燃焼効果カプサイシンはにんにくよりも黒にんにくの方が多く含まれているとされ、ダイエット効果もあります。カプサイシンは唐辛子に含まれているのが有名ですよね。しかし、唐辛子でなくてもにんにくにも含まれているのです。またカプサイシンで脂肪を燃焼させたとき同時に起こるのがアドレナリンの分泌です。にんにくを食べるとなんとなく一日を元気に過ごせるという方もいるのではないでしょうか?その元気は実はアドレナリンの効果だったりするのです。

また先ほど黒にんにくは普通のにんにくより多く成分が含まれているといいましたが、黒にんにくには普通のにんにくにはほとんど含まれていない「S-アリルステイン」という成分が含まれています。このS-アリルステインには抗酸化作用、つまり老化防止作用が含まれており、女性に嬉しいアンチエイジング作用が期待できます。ダイエットをしつつ若々しく保ってくれる黒にんにくの効果は素晴らしいものですね。

普通のにんにくにはほとんど含まれていないS-アリルステインは活性酸素を除去する効果もあります。活性酸素とは紫外線を浴びたりすると体内に生成されるもので、一定量の場合は特に健康への影響はありませんが増えすぎてしまうと血管を傷つけたりと健康に悪影響を及ぼします。増えすぎた活性酸素を取り除いてくれるのが黒にんにくに含まれるS-アリルステインというわけです。活性酸素をきちんと取り除けば老化防止につながるのでさらにアンチエイジング効果を期待できます。

コメントを残す