健康!野菜を育てる生活

私の元気が出る方法は野菜を育てることです。

田舎に住んでいて、たまたま畑もあるので一部自分の好きなように野菜を
育てています。

畑に直に種まきをするもの、ポットに種をまき苗から育てるもの、
野菜の種類によって様々です。

野菜の芽が出てくると本当にかわいくて大きくなるのが楽しみです。

ただ毎日見すぎると成長するのが遅いのではないかと心配になることもあります。
でも暖かい時期は毎日のように草も生えてくるので毎朝草を取りながら
野菜の成長しているのを見ていると時間がたつのを忘れてしまいそうです。

雨の日は畑に行けないのが残念な気持ちもありますが、野菜には水も欠かせないので水くれをしてもらっていると思うとまた楽しい気持ちです。

毎朝畑の様子を見ることで朝元気になることができ、家族に野菜がこんなに大きくなってるよと話すとまた楽しい気持ちになります。

その上もっと元気になるのは野菜の収穫時期です。新鮮な野菜を食べるその日に
収穫して調理して食べることができます。

野菜がたくさん採れる夏は特にうれしいです。野菜のおつまみが1品、2品多くなり、ビールがますますおいしく飲むことができるのです。

料理の方法もインターネットで調べておいしく食べることができた時はまた最高の気分です。また、野菜によっても長く保存する方法があったりするので
またそれも調べて工夫をするなど野菜作りはおいしく楽しい、
やりがいもあるのです。

ただし、私は北の方の寒い地域に住んでいるので冬は畑はお休みになってしまうのです。だいぶ寂しくなります。秋~冬の雪が積もる前に畑を片付けて耕したりしておくという作業をしておくことが終われば春までお休みです。

実は畑をやり始めて2~3年なのでまだ畑の1年のサイクルをうまくつかめていないの
もあるので、今年の冬のお休み期間には土づくりや種まきの方法を勉強して
イメージトレーニングをして春からの畑作業をスムーズに行えるようにして
おきたいと思っています。

畑に触れることのできない寂しさはありますが、研究していかに安く、たくさん、美味しい野菜を作れるかをテーマにしていこうと考えているだけで元気が出てきます。

野菜作りはたくさん作ると節約になり、美味しいおかずやおつまみを食べることができて、その上家族の健康にも役立つのです。

ほとんど農薬は使わないので自分たちで食べるものだから、小さい玉ねぎでも、虫に食われて穴だらけのキャベツでも、だいぶ曲がったキュウリでも、傷のあるナスやトマトでも変なところは取り除けばおいしく健康に食べられるので、

家族の元気にもなってくれていると信じているとますますこの自己満足も元気の源となり、畑の草むしりでさえ楽しくなってくるのです。