にんにくの効果と効能:アレルギー改善について

にんにくの効果と効能
にんにくは、茹でるとジャガイモのようにホクホクとした食感になります。
すりおろしてラーメンなどと一緒に付け合せて薬味として食べるイメージがありますが、皮をむいて茹でてもおいしいです。

ただし「茹でればジャガイモと同じ」と解釈してしまい、茹ですぎて一度に大量に摂取すると、人によっておなかが緩くなったり、胃腸を壊したりします

大量に茹でると匂いもきつくなってしまいますし、自宅でにんにくたっぷりの肉じゃがやビーフシチューなどをつくり、その後誰かと会う約束をしてしまうと、髪や服に臭いがこびりついてしまい、他人に指摘されるまで気づかない場合があるので気をつけましょう。

あくまでも薬味で。大量に茹でるときには量をとり過ぎないようにしましょう

にんにくサプリですが、サプリ状になっていて臭い対策がしてあるものでも、にんにくにアレルギーがある人は摂取しないほうがいいかもしれません。サプリは薬ではなく、あくまでも栄養補助食品です。他の食材で補うことができます。

ちなみに、女性は30歳を過ぎると体内のコラーゲンカルシウム減少します。妊娠出産を経験した女性も、そうでない女性もです。

放っておくと骨粗しょう症になったり、更年期障害の症状が早期に出てずっと続いたりします。コラーゲンは肉類や魚類に多く含まれています。カルシウムは乳製品や魚類、海藻類に多く含まれています。

また、コラーゲンの吸収を良くすると言われ、一緒に摂ることを推奨されているビタミンCは、果物野菜に多く含まれています。サプリを選ぶときは、このあたりの取捨選択も必要です