にんにく卵黄の健康効果

にんにく卵黄の健康効果

にんにく卵黄の健康効果
にんにく卵黄は名前の通り、にんにくと卵黄から作られています。南九州地方では古くから健康食として、各家庭で手作りされてきた歴史があります。

にんにくは世界中で古くから、滋養強壮や疲労回復に良いと言われている食材です。
料理に使われる他、国によっては薬としても重宝されてきました。

卵黄も良質なタンパク源という事もあり、日本人の食生活には欠かせません。これら健康食材を一緒に補えるよう、作られたのがにんにく卵黄なのです。

手作りする事もできますが、手間と時間がかかる為、サプリメントで補う方が増えています。

ただ、何となく体に良いという事で服用している方が、ほとんどなのではないでしょうか。

にんにく卵黄の効果

実際、にんにく卵黄にはどのような効果があるのでしょう。
まず、にんにくの健康効果として挙げられるのが、疲労回復です。

アリシンとアリチアミン

にんにくに含まれるアリシンは、体内でビタミンB1と結合するとアリアチミンという新たな成分へと変化します。

アリチアミンは食事で摂った糖分を、スムーズにエネルギーへと変える働きがあります。

寝ても疲れが解消されないという場合、エネルギー代謝が悪く、疲労が回復し難くなっている恐れがあります。

アリシンを多く含むにんにくを食べる事によって、エネルギー代謝が活発となり、疲れが取れやすくなるのです

ビタミンB1単体でも糖質をエネルギーへと変える事はできますが、1度に吸収できる量は限られています。また、血中に留まる蓄積量も少ないのがネックです。

一方、アリシンとビタミンBが結合し作られる、アリチアミンの場合はビタミンB1と同等の作用を持ちながら、より長く血中に留まる効果があるので、より体の代謝をアップし疲労回復に繋がります

アリチアミンの作用によって、にんにくは昔から疲労回復滋養強壮に良いと言われているようです。

この他にアリシンは強い殺菌作用も持っています。
その作用はにんにくの精油を約12倍に薄めたとしても、チフスやコレラといった菌を殺す効果がある程です。

優れた殺菌作用がある事から、風邪予防にもおすすめです。

アリシンにはMATSという成分を持っており、脳梗塞や脳卒中といった血栓症を予防する作用も期待できます。

この他にアリシンは体内でビタミンEと結合すると、脂質アリシンへと変化する特徴もあります。

脂質アリシンは強力な抗酸化作用があり、老化の元となる活性酸素の除去に有効です。
アリシンの他にも、にんにくには健康促進作用のある成分は、まだまだ豊富に含まれています

スコルジニンとチルアリルトリスフィド

にんにくに含まれる成分の1つ、スコルジニンは血行を促進する作用を持つのが特徴です。血管を拡張させ、血液の流れを良くします

血管拡張作用によって、動脈硬化の予防も期待できると言われています。
スコルジニンは血液の流れを良くするという事もあり、冷え性に悩む女性の悩みも解消してくれます。

この他にスコルジニン脂肪の蓄積を抑えコレステロールの上昇も抑制する作用があるようです。

スコルジニンの他に、チルアリルトリスフィド血液をサラサラにする作用を、持っている成分です。

血液の凝固を予防し脳卒中や心筋梗塞といった、血栓症の予防におすすめです。
この他にも、にんにくは血糖値を下げる作用や、便秘解消の作用。精神を落ち着ける作用があると言われています。

まとめ

このように、にんにくは数多くの働きを持つ、健康食材なのです。にんにくだけでなく、卵黄にも嬉しい作用が豊富にあります。卵黄は必須アミノ酸を含む、良質なタンパク質です。

カルシウムや鉄分、ビタミンAやビタミンDといった栄養素が特に豊富です。また、卵黄に含まれるレシチンという成分は、コレステロールを排出する作用があります。

体内でレシチンは中性脂肪や脂肪酸といった、溶けにくい物質と結合し、これらを溶かす作用があるのです。

この働きによって、悪玉コレステロールを減少させる作用が期待できます。この他にレシチンは「脳の栄養剤」と言われている程、脳に大きな関わりのある成分として知られています。

脳はアセチルコリンとい伝達物質が、多く作られる事により物を考えたり記憶できます。しかし、加齢などによってアセチルコリンが少なくなると、記憶力低下を起こしてしまうのです。

記憶する能力が低くなるだけでなく、認知症の要因となるケースもあります。卵黄に含まれるレシチンは、アセチルコリンの原材料となる成分です。ですので、卵黄を意識して補う事は脳のアンチエイジングに繋がります

レシチンは健康だけでなく、美容促進の作用も持っています。レシチンには皮膚の再生を促す作用があり、肌荒れなどダメージを負った肌の回復を高めます。また、細胞の新陳代謝をアップさせ、シミしわたるみの軽減にも効果的です。

このように、にんにくと卵黄には男性はもちろん、女性にも嬉しい作用が詰まっています。にんにく卵黄、この2つの栄養を一緒に摂れる、にんにく卵黄は老若男女、幅広くおすすめです

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒ニンニクの作り方

ニンニクの成分を最大限に取ることができるのが、黒ニンニクです。サプリメントでも購入することが出来ますが、自分で手作りすることも可能です。

作り方はとても簡単です。家庭にある炊飯器にニンニクを必要な分だけ入れておきます。そして保温スイッチを入れて10日から16日間放置しておくだけです。

炊飯器によっては途中でスイッチが一定時間になると切れてしまうタイプがありますので、そのときには何度かスイッチを入れなおしながら、保温機能が継続できるように工夫をしてください。

炊飯器は黒ニンニク専用のものを使うと臭いがついても安心ですね。炊飯器の中ではにんにくから出る水分が底にたまってしまうこともあります。すのこなどを入れておくと綺麗に出来上がります

そして保温を始めた数日間は、にんにくの臭い部屋中に充満してしまいますので、臭いが出ても大丈夫な玄関先などでがオススメです。使うニンニクは秋冬物が水分が少なく、乾燥しやすいです。

ニンニク卵黄の作り方

ニンニク卵黄はサプリメントがとても有名ですが、自分で作ることも可能です。ニンニクには疲労回復をする効果やスタミナを付ける作用がありますので、ぜひ毎日食べたい食材のひとつですね。

ニンニクを使った料理を毎日食べることが必要ですが、忙しい時には、にんにく卵黄を作って毎日食べてみましょう。使うものは、にんにく6個卵黄2個の割合で用意し、ニンニクの皮は綺麗にむいておきます。

そしてかぶる程度の水でにんにくを水気がなくなるまで煮てください。にんにくが軟らかくなる為に、ペースト状につぶすことが出来ます。そこへ用意した卵黄を混ぜて、再び火にかけてよく混ぜてください

弱火でゆっくり混ぜたら。広げたラップの上にそのペースト状のニンニク卵黄を広げます。2、3日間かけて、乾燥させます。途中で裏返して、更に乾燥をさせます。

両面がよく乾いたら、包丁で細かく切り、小さな玉のように丸めて、再度乾燥して出来上がりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにくを食べると、口臭や体臭が気になるようになるものですが、これはにんにくに含まれているアリシンという臭いの元となる成分が原因となっています。アリシンが血液と混ざって血流に乗り、身体中を巡ることによって臭ってしまうのです。

では、健康食品としてCMでもおなじみのにんにく卵黄はどうでしょう。毎日食べると、やはる体臭が気になるようになるのでしょうか。結論から言うと、毎日にんにく卵黄を服用しても、それによって体臭が気になるようになることはほとんどありません

ただ、にんにく卵黄の原料はにんにくですから、全く臭わないとは言い切れません。たとえば、肝機能が弱っているときなどは、にんにくの臭いがしてしまうことがあるかもしれません。

通常は健康な状態のときは、肝臓においてきちんと解毒されるので、臭いはかなり軽減されるようになっています。

ところが、この肝機能が低下していると、にんにくの臭いをうまく解毒することができず、身体中に残ってしまうことがあるのです。そして血流によって体全体を行き巡り、体臭が気になるようになります。

またお酒を飲んでいるときも体臭には気をつけたほうが良いでしょう。というのはアルコールを分解するために肝臓がフル回転しなければなりませんので、肝機能が低下します。

そのようなときに、にんにく卵黄を服用すると、にんにくの臭い成分まで分解する余裕がなくなってしまい、体臭として残ってしまう可能性があるのです。

にんにく卵黄は口臭くさくなる?

にんにく卵黄は口臭くさくなる?

にんにく卵黄は口臭くさくなる?
健康によいとされるにんにくですが、最大の欠点その臭いにあります。人に会う前にはにんにくを食べないのはエチケットとして常識となっていかすが、そのくらい臭いは取れにくいと言えます。

では、にんにくのサプリメントも服用することで臭いが気になるのでしょうか?人気のサプリメントとしてにんにく卵黄がありますが、こちらの商品で考えていくことにしましょう。

にんにく卵黄はカプセル状になっているので臭いを極力抑えています。ただし、まれにサプリメントの封を開けた時ににんにくの臭いがすることもあり、臭いが心配ならこうした商品は選ばないようにするのがおすすめです

そもそも、にんにくを食べることで臭くなってしまうのは、口臭というよりも、胃からくる臭いが原因と言われています。にんにくが消化される中で、強烈な臭いを発生してしまいます。

そのため、サプリメントではカプセルがではなく腸で溶けるような特殊なコーティングをしている商品もあります。こうした方法であれば、にんにく卵黄を毎日服用しても口臭はもちろん体臭も気にする必要はありません

また、にんにく卵黄を作る過程で、栄養を残したまま臭いだけを取り除く処理もしていますので、生のにんにくとは違うものだと思って問題ありません。

にんにく卵黄の飲む時間は?

にんにく卵黄の飲む時間は?

にんにく卵黄の飲む時間は?
にんにく卵黄は、医薬品ではありません。風邪薬や胃腸薬などの医薬品とは違うので、飲む時間は決められていないのです。ですから、飲む時間は好きな時で構いません

しかし、飲む時間が決められていないからといって、適当に飲むのはあまり良くありません。せっかく体に良いにんにく卵黄を飲むわけですから、適切な時間に飲むように心掛けましょう

にんにく卵黄を飲む適切な時間とは、食後です。起床後や食前など空腹時に飲んでしまうと、にんにく卵黄の効果で内臓が荒れてしまう可能性があります。

特に内臓が弱っている方や高齢者は、空腹時は避けるべきでしょう。食事をした後の満腹状態のときは、にんにく卵黄を飲んでも胃や腸が荒れることはありません

また、満腹時は胃が食べた物を消化しようと活発に動いているので、にんにく卵黄の成分を無駄なく取り込むことができます。これらの理由から、飲む時間として適切なのは食後です

食後のなかでも最も適切だとされるのは、夕食後です。夕食には脂っこいものを食べることが多く、食後の血液はドロドロになります。

にんにく卵黄には、ドロドロの血液サラサラにする効果があります。健康を維持するため効果的に飲むなら、夕食後と決めておくと良いでしょう

授乳中ににんにく卵黄を飲んでも大丈夫?

jyunyuutyuu

授乳中ににんにく卵黄を飲んでも大丈夫?

授乳中には、赤ちゃんのためにも健康的な体でいることが大切です。そのために、栄養のあるものを摂取するべきですが、中には母乳に混ざってしまうと赤ちゃんには良くないものもあります。

万が一のことにならないためにも、授乳中でも食べたり飲んだりして良いのかは確認する事が必要です。例えば、にんにく卵黄は、健康食品として広く知れ渡っています。

授乳中ににんにく卵黄を飲んだとして、その成分が何か赤ちゃんに影響がないのか、というと、使われている材料はニンニクという自然にあるものですから、卵アレルギーという場合を除いては、問題になることはありません。

アレルギーに関しては、今後の食生活で除去していかなければいけませんから、すぐにでも調べるべきです。生後間もないと検査がしにくいこともあるので多くの医院では1歳くらいまで行わないのですが、アレルギーの疑いがあれば検査をしてくれます。

成分のことを考えるのであれば、悪影響が出る成分ではなく、アミノ酸など必要不可欠な栄養素が凝縮されているので、授乳中にこそ飲むべきものです。

ただし、外国産のにんにく卵黄では、日本の基準よりも安全性が低い材料が使われることがあります。農薬が残ったりしていると、それが母乳を通じて赤ちゃんに影響を及ぼす危険がありますから、注意が必要です

心配ならば、国産の材料だけにこだわっているメーカーのにんにく卵黄を買い求めることです。もしも、にんにく卵黄を飲んで、体調を崩したということがあれば、医師の診察を受けて、服用を続けるかどうかを決めれば安心です

にんにく卵黄の美肌効果

にんにく卵黄の美肌効果

にんにく卵黄の美肌効果
にんにく卵黄といえばスタミナサプリとして有名ですが、美肌にも非常によいことがわかっています。にんにくは疲労を解消する食品としておなじみですが、同時に代謝をよくすることでダイエットにも役立ちます。

代謝が高くなればデトックスができるので、毒素を追い出して美肌に導くことができるのです。お肌の調子が悪くなっている方は、スタミナ補給代謝促進を意識してみましょう。

にんにく卵黄を飲むとターンオーバーの乱れが解消し、新陳代謝が活発になります。お肌が28日周期に整うことで、新しいお肌が形成されやすくなります。

寝不足はターンオーバーを乱れさせることが知られていますが、過度の疲労ストレスも同様の結果を招きます。ストレスを解消するためには、にんにく卵黄を摂取して疲れにくいカラダに導きましょう

疲れから生じるストレスは非常に多いため、まずは疲れにくい体質に変えていくことです。にんにく卵黄は副作用のない健康食品ですし、カプセル状のサプリは臭いを気にすることなく飲めます。

スタミナサプリの中でもにんにく卵黄は実感しやすく、価格が安いのがメリットです。体内から美肌になりたい方は、不足するスタミナを補っていきましょう。

細胞が元気になれば代謝やターンオーバーが正常となり、正常肌を維持することができます

にんにく卵黄の通販メーカーは?

にんにく卵黄の通販メーカーは?

にんにく卵黄の通販メーカーは?
健康に気を使う人が増えていますが、その中でも人気が高いのがにんにく卵黄になります。

老若男女問わず、摂取するだけで誰でも簡単に健康維持ができると話題になっているので、最近体の調子が思わしくないという方は試してみるとよいでしょう

摂取するとすぐに効き目があらわれるわけではないですが、毎日続けて飲み続ければ、疲労回復が出来たり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防や、がんになるのを防ぐ効果もあるといわれています。

にんにく卵黄といっても、さまざまな通販メーカーから発売されていますが、それぞれ使用しているにんにくや、卵の質、形状、などが違うので、複数を比較してから、自分に合ったものを選ぶことが大切です

八幡物産株式会社株式会社えがお株式会社やずや株式会社長寿乃里などの通販メーカーから発売されているので、ランキングなどを参考に、どれにするかを決めるようにしましょう。

高品質で安全性が高く、においが少なくて飲みやすいにんにく卵黄を選べば長く続けることが出来ますから、色々試してみるとよいですね。

送料無料で、格安販売している通販メーカーのにんにく卵黄がおすすめなので、空いた時間にインターネットで探してみることをおすすめします。

妊娠中でもにんにく卵黄を飲んでも大丈夫?

ninpu

妊娠中でもにんにく卵黄を飲んでも大丈夫?

昔から民間療法として作られていたにんにく卵黄ですが、妊娠中や授乳中は飲んでも大丈夫なのでしょうか

免疫力を上げるので、そういう時こそ飲んでおきたいものですが、妊娠中授乳中は赤ちゃんにも影響が及んでしまうことがありますから簡単に何かを口にするのは躊躇してしまうものです。

しかし、にんにく卵黄は食品ですから安心して飲むことができます。ただし妊娠1か月から3か月あたりまではつわりの真っ最中で刺激の強いものを口にするのは避けたほうが良いとされていますから、つわりのおさまった時期に飲むようにすると良いでしょう

実はにんにくには胎児の発育に欠かせないといわれている成分がたくさん含まれています。胎児の成長には欠かせない必須アミノ酸や胎児の神経系の発達に大切なビタミンB6を始めとするビタミンB群、奇形になってしまうのを予防できるといわれる葉酸などがあります。

にんにくそのものはニオイなどもありますのでそのまま食べるのはきついですが、サプリメントを利用することで気軽に摂取することができるようになります。

授乳中は妊娠中よりも栄養を摂取しなければいけないといわれているほどなので、妊娠中も授乳中もできれば積極的ににんにく卵黄を摂取するのがオススメです。

サプリメントになるとニオイなどが軽減されますので非常に飲みやすくなります。継続的に飲むようにすることで体質改善が期待できますから、少なくとも数か月から半年は継続的に飲んでみるのが良いです。

にんにく卵黄の作り方

にんにく卵黄の作り方

にんにく卵黄の作り方
健康に良いと人気のにんにく卵黄。にんにく卵黄は江戸時代から手作りされて、保存食として重宝されてきました。現在では、サプリメントとして店頭で発売されていますが、実は家でも作ることができます

においが気になるという人も多いですが、にんにく卵黄は、卵黄のたんぱく質でにんにく独特のにおいを封じ込めて気にならないようにできるので、気軽に摂取することができます

作り方

作り方は、まず、にんにくの皮をむいて、煮込んですりつぶしてペースト状にします。
おろし金などで擦って細かくしても大丈夫です。
にんにくのペーストができたら、そこに卵黄を加え、熱しながら混ぜ合わせていきます。

この時、焦げないように気をつけましょう。水分がなくなったら天日干しにします。その後、できあがった生地をやわらかいうちに棒状に固めて、好きな大きさに切り、さらに乾燥させます。

これで出来上がりです。保存もできるので、瓶などに入れて常備しておくのも良いでしょう。

このように、にんにく卵黄は簡単に手作りすることができます。市販のサプリメントと同じ栄養素を持っていながら、購入するよりも安価で手に入れることができるので、一度手作りしてみるのも良いのではないでしょうか。