にんにく卵黄の健康効果

にんにく卵黄の健康効果

にんにく卵黄の健康効果
にんにく卵黄は名前の通り、にんにくと卵黄から作られています。南九州地方では古くから健康食として、各家庭で手作りされてきた歴史があります。

にんにくは世界中で古くから、滋養強壮や疲労回復に良いと言われている食材です。
料理に使われる他、国によっては薬としても重宝されてきました。

卵黄も良質なタンパク源という事もあり、日本人の食生活には欠かせません。これら健康食材を一緒に補えるよう、作られたのがにんにく卵黄なのです。

手作りする事もできますが、手間と時間がかかる為、サプリメントで補う方が増えています。

ただ、何となく体に良いという事で服用している方が、ほとんどなのではないでしょうか。

にんにく卵黄の効果

実際、にんにく卵黄にはどのような効果があるのでしょう。
まず、にんにくの健康効果として挙げられるのが、疲労回復です。

アリシンとアリチアミン

にんにくに含まれるアリシンは、体内でビタミンB1と結合するとアリアチミンという新たな成分へと変化します。

アリチアミンは食事で摂った糖分を、スムーズにエネルギーへと変える働きがあります。

寝ても疲れが解消されないという場合、エネルギー代謝が悪く、疲労が回復し難くなっている恐れがあります。

アリシンを多く含むにんにくを食べる事によって、エネルギー代謝が活発となり、疲れが取れやすくなるのです

ビタミンB1単体でも糖質をエネルギーへと変える事はできますが、1度に吸収できる量は限られています。また、血中に留まる蓄積量も少ないのがネックです。

一方、アリシンとビタミンBが結合し作られる、アリチアミンの場合はビタミンB1と同等の作用を持ちながら、より長く血中に留まる効果があるので、より体の代謝をアップし疲労回復に繋がります

アリチアミンの作用によって、にんにくは昔から疲労回復滋養強壮に良いと言われているようです。

この他にアリシンは強い殺菌作用も持っています。
その作用はにんにくの精油を約12倍に薄めたとしても、チフスやコレラといった菌を殺す効果がある程です。

優れた殺菌作用がある事から、風邪予防にもおすすめです。

アリシンにはMATSという成分を持っており、脳梗塞や脳卒中といった血栓症を予防する作用も期待できます。

この他にアリシンは体内でビタミンEと結合すると、脂質アリシンへと変化する特徴もあります。

脂質アリシンは強力な抗酸化作用があり、老化の元となる活性酸素の除去に有効です。
アリシンの他にも、にんにくには健康促進作用のある成分は、まだまだ豊富に含まれています

スコルジニンとチルアリルトリスフィド

にんにくに含まれる成分の1つ、スコルジニンは血行を促進する作用を持つのが特徴です。血管を拡張させ、血液の流れを良くします

血管拡張作用によって、動脈硬化の予防も期待できると言われています。
スコルジニンは血液の流れを良くするという事もあり、冷え性に悩む女性の悩みも解消してくれます。

この他にスコルジニン脂肪の蓄積を抑えコレステロールの上昇も抑制する作用があるようです。

スコルジニンの他に、チルアリルトリスフィド血液をサラサラにする作用を、持っている成分です。

血液の凝固を予防し脳卒中や心筋梗塞といった、血栓症の予防におすすめです。
この他にも、にんにくは血糖値を下げる作用や、便秘解消の作用。精神を落ち着ける作用があると言われています。

まとめ

このように、にんにくは数多くの働きを持つ、健康食材なのです。にんにくだけでなく、卵黄にも嬉しい作用が豊富にあります。卵黄は必須アミノ酸を含む、良質なタンパク質です。

カルシウムや鉄分、ビタミンAやビタミンDといった栄養素が特に豊富です。また、卵黄に含まれるレシチンという成分は、コレステロールを排出する作用があります。

体内でレシチンは中性脂肪や脂肪酸といった、溶けにくい物質と結合し、これらを溶かす作用があるのです。

この働きによって、悪玉コレステロールを減少させる作用が期待できます。この他にレシチンは「脳の栄養剤」と言われている程、脳に大きな関わりのある成分として知られています。

脳はアセチルコリンとい伝達物質が、多く作られる事により物を考えたり記憶できます。しかし、加齢などによってアセチルコリンが少なくなると、記憶力低下を起こしてしまうのです。

記憶する能力が低くなるだけでなく、認知症の要因となるケースもあります。卵黄に含まれるレシチンは、アセチルコリンの原材料となる成分です。ですので、卵黄を意識して補う事は脳のアンチエイジングに繋がります

レシチンは健康だけでなく、美容促進の作用も持っています。レシチンには皮膚の再生を促す作用があり、肌荒れなどダメージを負った肌の回復を高めます。また、細胞の新陳代謝をアップさせ、シミしわたるみの軽減にも効果的です。

このように、にんにくと卵黄には男性はもちろん、女性にも嬉しい作用が詰まっています。にんにく卵黄、この2つの栄養を一緒に摂れる、にんにく卵黄は老若男女、幅広くおすすめです

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒ニンニクの作り方

ニンニクの成分を最大限に取ることができるのが、黒ニンニクです。サプリメントでも購入することが出来ますが、自分で手作りすることも可能です。

作り方はとても簡単です。家庭にある炊飯器にニンニクを必要な分だけ入れておきます。そして保温スイッチを入れて10日から16日間放置しておくだけです。

炊飯器によっては途中でスイッチが一定時間になると切れてしまうタイプがありますので、そのときには何度かスイッチを入れなおしながら、保温機能が継続できるように工夫をしてください。

炊飯器は黒ニンニク専用のものを使うと臭いがついても安心ですね。炊飯器の中ではにんにくから出る水分が底にたまってしまうこともあります。すのこなどを入れておくと綺麗に出来上がります

そして保温を始めた数日間は、にんにくの臭い部屋中に充満してしまいますので、臭いが出ても大丈夫な玄関先などでがオススメです。使うニンニクは秋冬物が水分が少なく、乾燥しやすいです。

ニンニク卵黄の作り方

ニンニク卵黄はサプリメントがとても有名ですが、自分で作ることも可能です。ニンニクには疲労回復をする効果やスタミナを付ける作用がありますので、ぜひ毎日食べたい食材のひとつですね。

ニンニクを使った料理を毎日食べることが必要ですが、忙しい時には、にんにく卵黄を作って毎日食べてみましょう。使うものは、にんにく6個卵黄2個の割合で用意し、ニンニクの皮は綺麗にむいておきます。

そしてかぶる程度の水でにんにくを水気がなくなるまで煮てください。にんにくが軟らかくなる為に、ペースト状につぶすことが出来ます。そこへ用意した卵黄を混ぜて、再び火にかけてよく混ぜてください

弱火でゆっくり混ぜたら。広げたラップの上にそのペースト状のニンニク卵黄を広げます。2、3日間かけて、乾燥させます。途中で裏返して、更に乾燥をさせます。

両面がよく乾いたら、包丁で細かく切り、小さな玉のように丸めて、再度乾燥して出来上がりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

にんにく卵黄の便秘解消効果

にんにく卵黄の便秘解消効果

にんにく卵黄の便秘解消効果
にんにく卵黄は九州地区に昔から伝わる伝統食の一つです。本来の作り方はにんにくを煮てからすりつぶし、卵黄と混ぜることによりできますが、乾燥させるのに時間がかかったり、卵黄と混ぜる際に焦げないように見ていたりと手間がかかります

そのため、近年ではにんにく卵黄のサプリメント注目され、手軽に摂取できるようになっています

にんにく卵黄の効果としては滋養強壮疲労回復の他、にんにくの働きにより老化防止殺菌作用、風邪などの感染症予防血液の状態を良くするなどがあります。

善玉コレステロールを増やす働きもあるので、腸内環境が整いやすく便秘解消にも効果があります。便秘解消としてのにんにく卵黄の働きはアリチアミンという物質が関係しています。

にんにくにはアリシンが含まれていますが、このアリシンが卵黄の中のビタミンB1と結びつくとアリチアミンに変化します。

アリチアミンは血行を良くする働きがあり、腸内に吸収されると腸内の血流も良くなります。便秘は冷えにも関係しているので、血液の流れが良くなり、冷えが改善すると腸の動きも活発化してきます。

にんにく卵黄は臭いもしないため、長く続けることができ、たくさん摂取しても腸内が荒れる心配はありません

にんにく卵黄の肝臓改善効果

にんにく卵黄の肝臓改善効果

にんにく卵黄の肝臓改善効果
にんにく卵黄」は、にんにくと卵黄の栄養成分が凝縮されたソフトカプセルタイプ健康補助食品です。カプセルタイプのため、手軽に飲むことができます。にんにく卵黄には様々な効果がありますが、肝臓の改善効果を期待することができます

にんにくは様々な健康効果がある食品として有名ですが、肝臓をケアする成分豊富に含まれています。人は食事をすると、消化をして肝臓に蓄積します。その蓄積された栄養をエネルギー源に変えることで、人は活動することができます。

肝臓の働きが弱くなると、肝臓内の糖質がエネルギーに変換しづらくなり、蓄積されて脂肪肝になります。また、肝臓はアルコールなどを解毒する役割も果たしていますので、肝臓の機能低下してしまうと疲労感や倦怠感につながります

不規則な生活暴飲暴食を続けてしまうと、肝機能が低下し急性肝炎肝臓がんといった病気にもつながってしまいます。

にんにくには肝臓の働きをサポートするビタミン群が豊富に含まれています。ビタミンB1は、糖分をエネルギーに変換する働きをし、ビタミンB2はアミノ酸の代謝を促進する働きをします。また、アリシンには消化酵素の分泌を促し、胆汁の分泌と排泄を促進する働きがあります。

にんにく卵黄で高血圧解消

高血圧解消

高血圧解消
年齢を重ねるごとに発病リスクの高まってくる高血圧症は、血液が凝固していたり、血管が収縮することで血の巡りが悪くなり、無理に全身に循環させようとして圧力がかかることで起こる症状です。

血液の循環は脳や心臓、肝腎などの様々な臓器と密接に関わり、上手く流れないと合併症を引き起こす可能性があります。

こうした症状を改善するために利用するのが良いと言われるのがにんにく卵黄で、含まれる硫黄化合物や卵黄レシチンはコレステロール値を下げ、血液をさらさらにしてくれる作用があります。

また、生のにんにくそのものが、食べる降圧剤とも言われるほど血液や血管への影響が大きく、抗血栓作用などがあることから高血圧予防や改善に役立つと言われています。

古来より食されてきたにんにく卵黄は、体温や血圧の生理機能を一定の状態に保つことが認められていて、もとより高血圧治療の効果を求めて食していた事実もあります。

実際の研究結果でも生のにんにくを日常的に摂取することで血圧が低下することが実証されており、海外の一部の国ではにんにくを毎日摂取することを推奨しています

それほど血圧に影響を与える食品であることから、エキスを濃縮したにんにく卵黄なら高血圧を解消するのに役立つと言えます

にんにく卵黄サプリと夏バテ

にんにく卵黄サプリと夏バテ

にんにく卵黄サプリと夏バテ
にんにく卵黄サプリメント夏バテにも素晴らしい効果を発揮してくれます。
にんにく卵黄サプリは栄養豊富で滋養強壮健康維持に大きな働きをしてくれる特徴があり、夏バテ解消に役立ちます

夏バテは自律神経の乱れが大きく関わっています。
昔からにんにくの持つ栄養の力は知られており、卵黄貴重な栄養源として知られてきました。にんにく卵黄のサプリメントがこの乱れによる不調に働きかけてくれます。

またにんにくには抗菌殺菌作用があります。
ですから夏バテによる夏カゼに対してもこの強い抵抗力大きな味方となってくれます。

天然の食品からできているにんにく卵黄のサプリメントは飲む年齢に制限がないのも大きな魅力です。小さいお子様をはじめ高齢の方にも最適で安心して飲むことができます。

食品としてこのにんにくや卵黄を効果が望める量を毎日摂取するのはたいへん難しいです。
サプリメントの形ならば、必要な目安摂取量を確実に摂ることができ毎日気軽に飲むことで健康や美容の維持ができます。にんにくのもつ独特な匂い気にすることもありません

忙しく仕事に追われ栄養面のバランスが気になる方や、疲労感から抜け出せない方などにもこのサプリメントは大活躍してくれます。

夏バテ対策にがこのにんにく卵黄のサプリメント有効に働いてくれます。
活気に溢れた日々を送るためのお手伝いをしてくれること間違いなしです。
家族全員で愛用することができ、健康のために大変おすすめできる商品です

にんにく卵黄を手作りは大変。サプリをおすすめする理由

にんにく卵黄を手作りは大変。サプリをおすすめする理由

にんにく卵黄を手作りは大変。サプリをおすすめする理由
健康志向の高い方々の間で話題になっている食品の一つが「にんにく卵黄」です。テレビや雑誌でにんにく卵黄サプリを見かけることも多く、その人気の高さがうかがえます。

にんにく卵黄伝統食品であり、元々は鹿児島県などの九州南部で食べられてきた食品です。もちろん各家庭で作られていたものなので、家庭で手作りすることも可能です。しかしにんにく卵黄はその手作りの大変さから、サプリの方がおすすめでしょう

現在でも、雑誌や色々なサイトなどで手作りレシピが紹介されています。
にんにく卵黄の材料はとてもシンプルであり、にんにく卵黄のみから作ることができます。

まずはひとつずつ丁寧ににんにくの皮をむきます。皮をむいたにんにくを鍋に入れて、水を加え火にかけます。この後弱火でゆっくりと煮ていきますが、その際に焦げないようにすることと、クリーム状になるまで煮るのがポイントです。

できあがったら常温まで冷まし、卵黄を加えます。さらに弱火で焦げないように気を付けながらかき混ぜ、ある程度まで煮詰めていきます。これを一つずつ丁寧に丸めていって完成です。

難しい技術などは必要ではありませんが、とても手間のかかることがわかります。一般の方にはなかなかハードルが高いのではないでしょうか。
手軽に、そして続けていくためにも、にんにく卵黄はサプリがおすすめです

高血圧だけどにんにく卵黄を飲んでも問題ない?

ketuatukeitoude

高血圧だけどにんにく卵黄を飲んでも問題ない?

だれにでもなり得る高血圧。長年使い続けてきた欠陥に、ドロドロの血が流れると、血管自体も細くなっている上に、流れにくい血液を無理に流そうとするので、血液を送る圧を強くする。これが高血圧の仕組みです。

この状態が続くと、心臓に負担をかけ、心臓病になったり、コレステロール値の上昇により、様々な病気を引き起こす原因となります。そこで、にんにく卵黄がおすすめです

にんにくにふくまれている成分には、アホエンなどがあり、滋養強壮、疲労回復の効果があります。卵黄にはは豊富な栄養素があり、にんにく卵黄は、バランス良く栄養を取れるサプリメントです

もちろん、高血圧にも抜群に効果を発揮します。長期的に、にんにく卵黄を摂取することにより、根本からの改善が見込めます。

病院で処方される薬は、一時的に血圧を下げることができますが、飲まなければ、また高血圧に戻ってしまいます。そういった面からもにんにく卵黄はおすすめです。コレステロールを分解したり、体内の活性酸素を抑制します

カプセル状なので、水で一緒に飲むだけで飲みやすく続けやすいのも特徴です。食後に飲めば忘れることもありませんし、万が一忘れたとしても、薬のような副作用がでるのこともありません

また幅広い年代の方にも飲んで頂けます。またにんにく特有のにおいを出すこともなく、安心して摂取することができます。にんにく卵黄には、血液をサラサラにする効果もあり、高血圧の予防にも役立ちます

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにくを食べると、口臭や体臭が気になるようになるものですが、これはにんにくに含まれているアリシンという臭いの元となる成分が原因となっています。アリシンが血液と混ざって血流に乗り、身体中を巡ることによって臭ってしまうのです。

では、健康食品としてCMでもおなじみのにんにく卵黄はどうでしょう。毎日食べると、やはる体臭が気になるようになるのでしょうか。結論から言うと、毎日にんにく卵黄を服用しても、それによって体臭が気になるようになることはほとんどありません

ただ、にんにく卵黄の原料はにんにくですから、全く臭わないとは言い切れません。たとえば、肝機能が弱っているときなどは、にんにくの臭いがしてしまうことがあるかもしれません。

通常は健康な状態のときは、肝臓においてきちんと解毒されるので、臭いはかなり軽減されるようになっています。

ところが、この肝機能が低下していると、にんにくの臭いをうまく解毒することができず、身体中に残ってしまうことがあるのです。そして血流によって体全体を行き巡り、体臭が気になるようになります。

またお酒を飲んでいるときも体臭には気をつけたほうが良いでしょう。というのはアルコールを分解するために肝臓がフル回転しなければなりませんので、肝機能が低下します。

そのようなときに、にんにく卵黄を服用すると、にんにくの臭い成分まで分解する余裕がなくなってしまい、体臭として残ってしまう可能性があるのです。

にんにく卵黄は口臭くさくなる?

にんにく卵黄は口臭くさくなる?

にんにく卵黄は口臭くさくなる?
健康によいとされるにんにくですが、最大の欠点その臭いにあります。人に会う前にはにんにくを食べないのはエチケットとして常識となっていかすが、そのくらい臭いは取れにくいと言えます。

では、にんにくのサプリメントも服用することで臭いが気になるのでしょうか?人気のサプリメントとしてにんにく卵黄がありますが、こちらの商品で考えていくことにしましょう。

にんにく卵黄はカプセル状になっているので臭いを極力抑えています。ただし、まれにサプリメントの封を開けた時ににんにくの臭いがすることもあり、臭いが心配ならこうした商品は選ばないようにするのがおすすめです

そもそも、にんにくを食べることで臭くなってしまうのは、口臭というよりも、胃からくる臭いが原因と言われています。にんにくが消化される中で、強烈な臭いを発生してしまいます。

そのため、サプリメントではカプセルがではなく腸で溶けるような特殊なコーティングをしている商品もあります。こうした方法であれば、にんにく卵黄を毎日服用しても口臭はもちろん体臭も気にする必要はありません

また、にんにく卵黄を作る過程で、栄養を残したまま臭いだけを取り除く処理もしていますので、生のにんにくとは違うものだと思って問題ありません。