にんにくを生で食べるメリットとデメリット(副作用)

にんにくを生で食べるメリットとデメリット(副作用)

にんにくを生で食べるメリットとデメリット(副作用)
にんにくは強い香り等が大きな特徴ですが、料理の魅力を引き立てる物として利用される事も少なくありません。

また実際には健康や美容の面からも食べると言う人もいます。
ただ食材によっては加熱調理すると必要な栄養素が分解されてしまうので、にんにくも同じ様に生で食べる方が良いのではないかと思う人もいるでしょう。

体に良いと言われる理由の一つ、アリシンについて

にんにくが体に良いと言われる理由の一つがアリシンです。
これはあの臭いにおいのもととなる物で、これがビタミンB1と結びつく事によって体のエネルギー効率が向上します。

ただ実際には生で摂取するとなるとどうしても刺激が強く、体に負担を掛けてしまうと言う事も少なくありません。

勿論生で食べる事によってその成分を分解する事無く摂取する事は出来ますが、あくまでもそれは付け合せとして利用される程度の量の摂取の場合であり、丸かじりで何個も食べてしまうのは良くありません

食べ過ぎてしまうとアリシンの影響によって胃もたれムカつき胸焼け胃痛等の原因になってしまいます。特に胃腸の弱い人はこの症状が出やすくなっています

また、副作用としてこのように胃腸に何らかの症状が出ているにも関わらず食べ続けてしまうと、結果的に胃壁が薄くなってしまう場合も珍しくありません。

胃壁が薄くなると言う事は、胃酸に胃壁が耐えられなくなってしまい、結果的に胃潰瘍となる場合もあります。従って、自分の体質に合わせて摂取すると言う事が必要です。

ただ風味を強く感じる事が出来るのは勿論生の状態で、しかも薬味として利用するなら加熱調理してしまってはその風味を感じにくくなってしまうので注意が必要です。
出来るだけ風味を感じたいと思ったら、加熱しない方が良いでしょう

また、前述した様に加熱せずに食べてしまうと体に刺激が強すぎると言う事が言えます。
しかしそれは言い換えると少量でもその効果を実感する事が出来ると言う事です。

だから敢えて沢山食べずに毎日1片程度を摂取するだけでも充分な効果を感じたいと思うのであれば、加熱調理せずに摂取しましょう

基本的ににんにく体に良い食べ物で、エネルギー効率がアップされるだけでなく免疫機能の強化疲労の回復等の効果も期待できる食材です。

ただ前述した様に生で食べてしまうと、胃腸の粘膜に強い刺激を与えてしまう事になります。
特に注意したいのが空腹時で、何も食べていない状態、空腹時の胃の中には胃酸自体も少なくなっています。

その為、その刺激が直接胃壁に働きかけてしまう事もあり、胃痛の原因となる場合もあり気を付けなければいけません。

もしどうしてもそのまま食べたいと言うのであれば丸かじりをするのではなく、薬味として利用するか、事前に何かを食べておく事が重要です。そうすれば比較的安全に利用する事が出来ます。

もし胃腸に何らかの負担がかかっていると感じてしまった場合は、毎日食べるのをやめる方が無難です。

また、胃壁に膜を作ると言う点から考えると、食事の前に牛乳を1杯飲んでおくと言う方法もある程度の効果が期待出来ます。

生で食べるもう一つのメリット

もう一つ生で食べるメリットと言えるのが一緒に食べる物の風味をより増す事が出来ると言う事です。

切ったり潰したり、すりおろしたりする事がないと比較的その臭い自体は感じにくいのがにんにくの特徴です。

ただ実際に包丁で切ったり、潰したりして他の食材と一緒に摂取すると、相乗効果によってより美味しいと感じる事が出来ます風味を良くする効果、これもまた加熱しないで摂取する大きなメリットだと言って良いでしょう。

加熱する方が実は臭い自体は弱くなる事も多く、さらに調理法によっては臭いを軽減する事も十分可能です。

その為、加熱せずに食べてしまうと口臭・体臭の原因となってしまう事もあります。
また注意したいのが赤血球の破壊についてです。

人によって体質には大きく違いますが、実際には食べ過ぎてしまう事によって血尿血便が出てしまう事があります。これは非加熱の時の方が症状が出やすくなっているので、注意しなければいけません

アレルギーについて

また人によってはアレルギーとなってしまう事もあります。加熱した物を少量摂取する程度であればそれ程胃壁等にも刺激がないので気にする必要はありませんが、非加熱の物を食べると量によってはすぐに食べ過ぎと言う事になってしまいます。

人によってはそれが引き金となってアレルギー症状を起こしてしまう事もあるので気を付けなければいけません

健康等の為にも摂取しておく方が良いとされるにんにくですが、実際には摂取する状態によって人に対して大きな影響を与えてしまう事も決して珍しくありません

正しく摂取する為にはどのような作用があるのかと言う事を十分理解しておく事、またメリットだけではなく副作用等のデメリットについても十分理解した上で、自分の体質、体格等に合わせて適量を摂取する様にする事が重要です。

また刺激を強く感じた場合は摂取を中断し、胃腸を休める事も重要となります。

高血圧だけどにんにく卵黄を飲んでも問題ない?

ketuatukeitoude

高血圧だけどにんにく卵黄を飲んでも問題ない?

だれにでもなり得る高血圧。長年使い続けてきた欠陥に、ドロドロの血が流れると、血管自体も細くなっている上に、流れにくい血液を無理に流そうとするので、血液を送る圧を強くする。これが高血圧の仕組みです。

この状態が続くと、心臓に負担をかけ、心臓病になったり、コレステロール値の上昇により、様々な病気を引き起こす原因となります。そこで、にんにく卵黄がおすすめです

にんにくにふくまれている成分には、アホエンなどがあり、滋養強壮、疲労回復の効果があります。卵黄にはは豊富な栄養素があり、にんにく卵黄は、バランス良く栄養を取れるサプリメントです

もちろん、高血圧にも抜群に効果を発揮します。長期的に、にんにく卵黄を摂取することにより、根本からの改善が見込めます。

病院で処方される薬は、一時的に血圧を下げることができますが、飲まなければ、また高血圧に戻ってしまいます。そういった面からもにんにく卵黄はおすすめです。コレステロールを分解したり、体内の活性酸素を抑制します

カプセル状なので、水で一緒に飲むだけで飲みやすく続けやすいのも特徴です。食後に飲めば忘れることもありませんし、万が一忘れたとしても、薬のような副作用がでるのこともありません

また幅広い年代の方にも飲んで頂けます。またにんにく特有のにおいを出すこともなく、安心して摂取することができます。にんにく卵黄には、血液をサラサラにする効果もあり、高血圧の予防にも役立ちます

妊娠中でもにんにく卵黄を飲んでも大丈夫?

ninpu

妊娠中でもにんにく卵黄を飲んでも大丈夫?

昔から民間療法として作られていたにんにく卵黄ですが、妊娠中や授乳中は飲んでも大丈夫なのでしょうか

免疫力を上げるので、そういう時こそ飲んでおきたいものですが、妊娠中授乳中は赤ちゃんにも影響が及んでしまうことがありますから簡単に何かを口にするのは躊躇してしまうものです。

しかし、にんにく卵黄は食品ですから安心して飲むことができます。ただし妊娠1か月から3か月あたりまではつわりの真っ最中で刺激の強いものを口にするのは避けたほうが良いとされていますから、つわりのおさまった時期に飲むようにすると良いでしょう

実はにんにくには胎児の発育に欠かせないといわれている成分がたくさん含まれています。胎児の成長には欠かせない必須アミノ酸や胎児の神経系の発達に大切なビタミンB6を始めとするビタミンB群、奇形になってしまうのを予防できるといわれる葉酸などがあります。

にんにくそのものはニオイなどもありますのでそのまま食べるのはきついですが、サプリメントを利用することで気軽に摂取することができるようになります。

授乳中は妊娠中よりも栄養を摂取しなければいけないといわれているほどなので、妊娠中も授乳中もできれば積極的ににんにく卵黄を摂取するのがオススメです。

サプリメントになるとニオイなどが軽減されますので非常に飲みやすくなります。継続的に飲むようにすることで体質改善が期待できますから、少なくとも数か月から半年は継続的に飲んでみるのが良いです。

にんにく卵黄の重要な成分って何?

jyosei2

にんにく卵黄の重要な成分って何?

にんにく卵黄とは、にんにくと卵黄が持つ様々な栄養素などの成分によって構成されている優れた健康食品です。にんにくの含まれている様々な有効成分の中で最も重要な成分はアリシンと呼ばれるものになります

アリシンとは植物由来の抗酸化栄養素のことです。これは、植物が太陽の強い光線や害虫などといった、育つために不必要なものから身を守るために作り出される化合物のことで、野菜や果物などに多く含まれるものです。

アリシンには強力な殺菌作用や抗菌作用の効果があります。それにより、風邪などの菌によって引き起こる病気の改善をしたり予防するような効果があります。卵黄に含まれている成分にはビタミンB1が代表されます。

にんにく卵黄が優れている健康食品とされる理由には、にんにくのアリシンとは、にんにくの持つ独特の香りの元になるものでもあるのですが、卵黄の成分によってその独特な香りを抑える働きをします。

このようににんにくと卵黄を合わせるというところに意味があり、お互いの持つ成分の相乗効果により体に良いとされる効果を作り出すことができるということです。

にんにくのアリシンと卵黄のビタミンB1や豊富なたんぱく質が結合されることにより、体の代謝を活性化させる働きをする成分を作り出すことができるようになります。

それにより滋養強壮、老化防止、美容効果、免疫力を上昇させるなどといった、体の健康のために良いとされる様々な効果を期待することができます

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにく卵黄を飲むと体臭が変わるの?

にんにくを食べると、口臭や体臭が気になるようになるものですが、これはにんにくに含まれているアリシンという臭いの元となる成分が原因となっています。アリシンが血液と混ざって血流に乗り、身体中を巡ることによって臭ってしまうのです。

では、健康食品としてCMでもおなじみのにんにく卵黄はどうでしょう。毎日食べると、やはる体臭が気になるようになるのでしょうか。結論から言うと、毎日にんにく卵黄を服用しても、それによって体臭が気になるようになることはほとんどありません

ただ、にんにく卵黄の原料はにんにくですから、全く臭わないとは言い切れません。たとえば、肝機能が弱っているときなどは、にんにくの臭いがしてしまうことがあるかもしれません。

通常は健康な状態のときは、肝臓においてきちんと解毒されるので、臭いはかなり軽減されるようになっています。

ところが、この肝機能が低下していると、にんにくの臭いをうまく解毒することができず、身体中に残ってしまうことがあるのです。そして血流によって体全体を行き巡り、体臭が気になるようになります。

またお酒を飲んでいるときも体臭には気をつけたほうが良いでしょう。というのはアルコールを分解するために肝臓がフル回転しなければなりませんので、肝機能が低下します。

そのようなときに、にんにく卵黄を服用すると、にんにくの臭い成分まで分解する余裕がなくなってしまい、体臭として残ってしまう可能性があるのです。

授乳中ににんにく卵黄を飲んでも大丈夫?

jyunyuutyuu

授乳中ににんにく卵黄を飲んでも大丈夫?

授乳中には、赤ちゃんのためにも健康的な体でいることが大切です。そのために、栄養のあるものを摂取するべきですが、中には母乳に混ざってしまうと赤ちゃんには良くないものもあります。

万が一のことにならないためにも、授乳中でも食べたり飲んだりして良いのかは確認する事が必要です。例えば、にんにく卵黄は、健康食品として広く知れ渡っています。

授乳中ににんにく卵黄を飲んだとして、その成分が何か赤ちゃんに影響がないのか、というと、使われている材料はニンニクという自然にあるものですから、卵アレルギーという場合を除いては、問題になることはありません。

アレルギーに関しては、今後の食生活で除去していかなければいけませんから、すぐにでも調べるべきです。生後間もないと検査がしにくいこともあるので多くの医院では1歳くらいまで行わないのですが、アレルギーの疑いがあれば検査をしてくれます。

成分のことを考えるのであれば、悪影響が出る成分ではなく、アミノ酸など必要不可欠な栄養素が凝縮されているので、授乳中にこそ飲むべきものです。

ただし、外国産のにんにく卵黄では、日本の基準よりも安全性が低い材料が使われることがあります。農薬が残ったりしていると、それが母乳を通じて赤ちゃんに影響を及ぼす危険がありますから、注意が必要です

心配ならば、国産の材料だけにこだわっているメーカーのにんにく卵黄を買い求めることです。もしも、にんにく卵黄を飲んで、体調を崩したということがあれば、医師の診察を受けて、服用を続けるかどうかを決めれば安心です

なぜにんにくと卵黄の組み合わせなのか

なぜにんにくと卵黄の組み合わせなのか

なぜにんにくと卵黄の組み合わせなのか

健康によいサプリメントは様々とありますが、最近とくに人気となっているのがにんにく卵黄サプリです。

体の調子を整え、内側から元気にしてくれる効果があるとして、話題となっています。なぜ、にんにくと卵黄の組み合わせが、良い効果をもたらすのでしょうか

片方は植物性のもの、もう片方は動物性のものであり、あまり接点がないように見えるこの2つですが、じつはとても相性が良いといわれています。

にんにくにはアリシンと呼ばれる成分が豊富に含まれており、このアリシンには、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるのです。

そして、卵黄にはそのビタミンB1が豊富に含まれており、2つが合わさることによって、相乗効果が得られるのです。ビタミンB1は、体の代謝能力を支えてくれる非常に重要な栄養素です。

しかし、ビタミンB1単体では、吸収効率があまり良くないため、せっかくサプリなどで摂取しても、十分な効果を発揮できませんでした。

にんにくと卵黄を組み合わせることで、にんにく内にあるアリシンが、卵黄内にあるビタミンB1の吸収効率を、アップしてくれるようになるのです。

さらにアリシンは、卵黄に含まれているレシチンと結びつき、「脂質アリシン」を形成します。この脂質アリシンには、高い抗酸化作用があり、体の中の活性酸素を除去してくれるといわれています。

疲労や老化の原因となる活性酸素を除去することで、体が元気になり、さらにアンチエイジング効果も期待できるのです。

福地ホワイト六片と普通のにんにくの違い

福地ホワイト六片

福地ホワイト六片

福地ホワイト六片は、青森県で1970年代から栽培されている素晴らしい
にんにくです。

青森という寒い土地柄から、人ばかりでなく馬や牛にも食べさせたといい
ますが津軽の山々に囲まれた環境と恵まれた土壌がにんにくづくりに適して
いたので盛んに作られ、青森の人の研究熱心さがこの素晴らしいニンニク
を作り上げたのだと思います。

福地ホワイト六片と普通のにんにくの違いは、育つ土壌の違いから栄養価
が違うと考えられます。

にんにくで有名な青森県田子町では、2年の月日をかけて有機たい肥を
作り、そのたい肥を畑に混ぜ込んで3年から5年をかけて畑の土づくり
行います。

植えてから育っていく過程の中でも、にんにくにしっかり栄養が含まれるよう
に草を取り、芽かきをしてしっかり育つのを見守って収穫するそうです。
収穫は、大きくなりすぎると実が割れてしまうので見極めが非常に大切です。

栄養豊富なフカフカの土で育つ福地ホワイト六片は、アリシン、炭水化物、
たんぱく質、ビタミンB1、カルシウム、カリウム、マグネシウムが含まれて
います。

アリシンは特に多く、甘みも糖質も普通のにんにくとは全く違います。
丸ごと焼いてみると、ホクホクしてイモ類と間違えるほどです。

また、土の恵みを吸い込んだ福地ホワイト六片は普通のにんにくと茎の
太さが全く違います

茎の太さを見てもしっかりと栄養を吸い上げていることがわかります。
皮をむいてみると、一粒の大きさがとても大きく、白くふっくらとしていて
つやつやしています

これが、福地ホワイト六片こだわりの結晶なのです。

にんにく卵黄で下痢になるって本当?

にんにく卵黄で下痢になるって本当?

にんにく卵黄で下痢になるって本当?
にんにく卵黄には健康と美容に良い成分が含まれていますが、体調に左右されたり、まれにお腹を壊して下痢になってしまうこともあります。

もともとお腹や腸の働きがいい人であれば、にんにくの成分がお腹への刺激になってになってしまうこともあるでしょう。

ですから、お腹に自信がないような人は少量ずつ試してみるのも良いです。様子をみながら摂取することで下痢になるのを防ぐこともできるでしょう

そして、にんにく卵黄を摂取することで体の免疫が強くなり、風邪をひかなくなるということもありますが、効果が期待できるからといって過度に摂取するようなことは避けるようにしましょう

規定量をきちんと守ることで適切な効果が表れることが期待できます。規定量はにんにく卵黄の使用上の注意のところに記載されていますし、製品によってそれぞれどれだけ摂取したらいいのかは違ってきますから、確認した上で試していくといいでしょう。

そして製品によってにんにくのクセや、使用されている成分も異なりますから、お腹が弱い人であれば極力刺激の少ないもの選ぶようにしましょう

高成分だから自分の体に必ず良いというものでもないので、使う量などを確認していくといいでしょう