にんにくを生で食べるメリットとデメリット(副作用)

にんにくを生で食べるメリットとデメリット(副作用)

にんにくを生で食べるメリットとデメリット(副作用)
にんにくは強い香り等が大きな特徴ですが、料理の魅力を引き立てる物として利用される事も少なくありません。

また実際には健康や美容の面からも食べると言う人もいます。
ただ食材によっては加熱調理すると必要な栄養素が分解されてしまうので、にんにくも同じ様に生で食べる方が良いのではないかと思う人もいるでしょう。

体に良いと言われる理由の一つ、アリシンについて

にんにくが体に良いと言われる理由の一つがアリシンです。
これはあの臭いにおいのもととなる物で、これがビタミンB1と結びつく事によって体のエネルギー効率が向上します。

ただ実際には生で摂取するとなるとどうしても刺激が強く、体に負担を掛けてしまうと言う事も少なくありません。

勿論生で食べる事によってその成分を分解する事無く摂取する事は出来ますが、あくまでもそれは付け合せとして利用される程度の量の摂取の場合であり、丸かじりで何個も食べてしまうのは良くありません

食べ過ぎてしまうとアリシンの影響によって胃もたれムカつき胸焼け胃痛等の原因になってしまいます。特に胃腸の弱い人はこの症状が出やすくなっています

また、副作用としてこのように胃腸に何らかの症状が出ているにも関わらず食べ続けてしまうと、結果的に胃壁が薄くなってしまう場合も珍しくありません。

胃壁が薄くなると言う事は、胃酸に胃壁が耐えられなくなってしまい、結果的に胃潰瘍となる場合もあります。従って、自分の体質に合わせて摂取すると言う事が必要です。

ただ風味を強く感じる事が出来るのは勿論生の状態で、しかも薬味として利用するなら加熱調理してしまってはその風味を感じにくくなってしまうので注意が必要です。
出来るだけ風味を感じたいと思ったら、加熱しない方が良いでしょう

また、前述した様に加熱せずに食べてしまうと体に刺激が強すぎると言う事が言えます。
しかしそれは言い換えると少量でもその効果を実感する事が出来ると言う事です。

だから敢えて沢山食べずに毎日1片程度を摂取するだけでも充分な効果を感じたいと思うのであれば、加熱調理せずに摂取しましょう

基本的ににんにく体に良い食べ物で、エネルギー効率がアップされるだけでなく免疫機能の強化疲労の回復等の効果も期待できる食材です。

ただ前述した様に生で食べてしまうと、胃腸の粘膜に強い刺激を与えてしまう事になります。
特に注意したいのが空腹時で、何も食べていない状態、空腹時の胃の中には胃酸自体も少なくなっています。

その為、その刺激が直接胃壁に働きかけてしまう事もあり、胃痛の原因となる場合もあり気を付けなければいけません。

もしどうしてもそのまま食べたいと言うのであれば丸かじりをするのではなく、薬味として利用するか、事前に何かを食べておく事が重要です。そうすれば比較的安全に利用する事が出来ます。

もし胃腸に何らかの負担がかかっていると感じてしまった場合は、毎日食べるのをやめる方が無難です。

また、胃壁に膜を作ると言う点から考えると、食事の前に牛乳を1杯飲んでおくと言う方法もある程度の効果が期待出来ます。

生で食べるもう一つのメリット

もう一つ生で食べるメリットと言えるのが一緒に食べる物の風味をより増す事が出来ると言う事です。

切ったり潰したり、すりおろしたりする事がないと比較的その臭い自体は感じにくいのがにんにくの特徴です。

ただ実際に包丁で切ったり、潰したりして他の食材と一緒に摂取すると、相乗効果によってより美味しいと感じる事が出来ます風味を良くする効果、これもまた加熱しないで摂取する大きなメリットだと言って良いでしょう。

加熱する方が実は臭い自体は弱くなる事も多く、さらに調理法によっては臭いを軽減する事も十分可能です。

その為、加熱せずに食べてしまうと口臭・体臭の原因となってしまう事もあります。
また注意したいのが赤血球の破壊についてです。

人によって体質には大きく違いますが、実際には食べ過ぎてしまう事によって血尿血便が出てしまう事があります。これは非加熱の時の方が症状が出やすくなっているので、注意しなければいけません

アレルギーについて

また人によってはアレルギーとなってしまう事もあります。加熱した物を少量摂取する程度であればそれ程胃壁等にも刺激がないので気にする必要はありませんが、非加熱の物を食べると量によってはすぐに食べ過ぎと言う事になってしまいます。

人によってはそれが引き金となってアレルギー症状を起こしてしまう事もあるので気を付けなければいけません

健康等の為にも摂取しておく方が良いとされるにんにくですが、実際には摂取する状態によって人に対して大きな影響を与えてしまう事も決して珍しくありません

正しく摂取する為にはどのような作用があるのかと言う事を十分理解しておく事、またメリットだけではなく副作用等のデメリットについても十分理解した上で、自分の体質、体格等に合わせて適量を摂取する様にする事が重要です。

また刺激を強く感じた場合は摂取を中断し、胃腸を休める事も重要となります。

アホエンの効果と副作用

アホエンの効果と副作用抗酸化作用抗菌化作用というにんにくの代表的な効果と効能があるにも関わらず、臭いや刺激が少ない為に注目されている

”アホエン”

そのアホエンが含まれている”アホエンオイル”がテレビなどで紹介されていますが、
調理温度などを気にすると、なかなか気軽には摂取が出来ません。

そうなるとお薦めなのが、アホエンと同じ効果効能のあるにんにく成分の
アリシンが含まれているにんにくサプリメントです。

サプリメントはにんにくの栄養素を凝縮し、不純物を除外しているので、効果的に栄養を
摂取することが可能です。

また、最近では”にんにく”の栄養素だけではなく、それに”酢”の栄養素を取り入れた
にんにく卵黄酢も注目を浴びている栄養素です。

にんにくの元気が出るという栄養素に加え、アンチエイジングやダイエット効果を高める
酢の効果を加えたにんにく卵黄酢なら、摂取するのが難しいアホエンよりも毎日気軽に
摂取できるのでおすすめです。

アホエンの効果を求めている人に同等の栄養があるおすすめサプリメント

アホエンの効果と副作用



 

にんにくの成分アホエンは、驚くほどの健康への効果がある為に、とても注目をされている
成分です。

アホエンとはどのような特徴や効果があるのでしょうか。

そして心配は副作用はあるのでしょうか。

人気のアホエンについてご紹介します。

 

「アホエンの効果と副作用」の続きを読む…

にんにくの適切な摂取量と過剰摂取による副作用

にんにくの適切な摂取量と過剰摂取による副作用にんにくは健康維持のためや、病気の予防効果がとても高い事で人気があります。

しかし一度にたくさん食べても効果があるわけではなく、かえって過剰摂取をしてしまうと副作用がある場合もあります。

ではどれくらい食べると効果的なのか、にんにくの摂取量についてご紹介します。

「にんにくの適切な摂取量と過剰摂取による副作用」の続きを読む…

にんにくが健康に良い理由とおすすめの摂取量

にんにくが健康に良い理由とおすすめの摂取量

にんにくが健康に良い理由とおすすめの摂取量
栄養抜群で、万病を予防するともいわれている「にんにく」。身近な食品としてだけではなく、古来よりその薬効効果から、として使われてきました。

ところで、何故それほどまでにんにくは私たちの身体に良いのでしょうか。

にんにくの主な成分

・アリイン

アリインは、にんにく特有のあの匂いの元となる成分です。ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるため、脚気などの病気のほか、滋養強壮、食欲増進、新陳代謝アップ、肝臓の機能アップなどの効果があります。

・アリシン

硫黄化合物のアリシンは、独特の匂いを放ちます。アリシンには抗酸化作用があり、発ガンを抑制する働きをします。また、連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す強い殺菌作用もあるため、風邪や気管支炎を予防します

・アリチアミン

アリシンとビタミンB1が結びついて形成される健康成分です。ビタミンB1は壊れやすい物質ですが、アリチアミンになると壊れにくく、吸収されやすくなります。アリチアミンは糖をエネルギーに変えるので、滋養強壮に効果があります

その他の成分

・アホエン

にんにくの主成分アリシンは、植物油などと結びつくとアホエンという硫黄化合物に変化します。アホエンには抗酸化作用があり、抗がん作用のほかにも血栓を予防する効果があるとされています。

・メチルアリルトリスルフィド

血小板が固まるのを防ぐ効果があります。そのため、ドロドロの血がサラサラになり、高血圧や動脈硬化、脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐといわれています。

 にんにくの適正な摂取量

 ・1日の目安

生のにんにくなら1日1片が目安です。加熱したものなら1日3片までにしましょう。ただし、子供はその半分くらいにしたほうが無難でしょう。

・にんにくの副作用

にんにくは殺菌効果が強く腸内の善玉菌まで殺してしまうため、食べ過ぎると下痢をすることがあります。その場合は善玉菌を補ってくれるヨーグルトと一緒に食べるのがいいでしょう。

また、刺激の強さから胃壁や腸を傷つけてしまう場合があります。くれぐれも過剰摂取しないように心がけましょう

・臭いがキツイ

にんにくの主な健康成分アリインアリシンは、強い臭いを発します。それが健康のみなもとなのですが、食べると口臭が強くなるなどの弊害が出ます。

臭い消しの効果がある、梅干、牛乳、りんご、パセリ、緑茶やコーヒーなどのタンニンを含んだ飲み物などと一緒にとるとよいでしょう。

にんにく卵黄で下痢になるって本当?

にんにく卵黄で下痢になるって本当?

にんにく卵黄で下痢になるって本当?
にんにく卵黄には健康と美容に良い成分が含まれていますが、体調に左右されたり、まれにお腹を壊して下痢になってしまうこともあります。

もともとお腹や腸の働きがいい人であれば、にんにくの成分がお腹への刺激になってになってしまうこともあるでしょう。

ですから、お腹に自信がないような人は少量ずつ試してみるのも良いです。様子をみながら摂取することで下痢になるのを防ぐこともできるでしょう

そして、にんにく卵黄を摂取することで体の免疫が強くなり、風邪をひかなくなるということもありますが、効果が期待できるからといって過度に摂取するようなことは避けるようにしましょう

規定量をきちんと守ることで適切な効果が表れることが期待できます。規定量はにんにく卵黄の使用上の注意のところに記載されていますし、製品によってそれぞれどれだけ摂取したらいいのかは違ってきますから、確認した上で試していくといいでしょう。

そして製品によってにんにくのクセや、使用されている成分も異なりますから、お腹が弱い人であれば極力刺激の少ないもの選ぶようにしましょう

高成分だから自分の体に必ず良いというものでもないので、使う量などを確認していくといいでしょう

にんにく卵黄の副作用

にんにく卵黄の副作用

にんにく卵黄の副作用

にんにく卵黄は蒸すなどしたにんにくをすりつぶし、卵黄と煮詰め、乾燥させたものです。にんにく本来の働きと卵黄の栄養素が混ざり、滋養強壮疲労回復に効果があります。

この他にんにくに含まれているアリシンがビタミンB1の働きによってアリチアミンに変わり、様々な面で効果があります。免疫力の向上や血管状態の正常化といったことはもちろんのこと、便秘解消、美肌効果、殺菌作用、がんや生活習慣病の予防などの効果が期待でき、継続して摂取することにより、体の状態を良くしてくれます。

このように様々な効果があるにんにく卵黄ですが、副作用も多少あります。

まず、胃腸がもともと弱い方は摂取する量に気を配ります。にんにくは刺激が強く、殺菌作用があるので食べすぎてしまうと腸内の必要な菌を減らしてしまうことがあります。下痢を引き起こしたり、胃が痛くなったりすることもあるので1日の摂取量を超えないように気を付けます

なお、事前に牛乳を飲んでおくと胃をコーティングするため胃痛が感じにくくなります。ですが、あまりにも下痢が続いたりだるくなったりする場合は摂取を中止するようにします。

この他にんにく卵黄は卵を使用します。食物アレルギーがある場合は医療機関に相談してから服用するようにします