にんにくの抗酸化作用とは?

にんにくの抗酸化作用とは?

にんにくの抗酸化作用とは?
古くから魔除けや滋養強壮などに用いられ、パワーのある食品として知られているにんにく。美容やダイエットのために使用される数々のサプリメントには、抗酸化成分が含まれていることが多いのですが、たくさんの料理に使用されるにんにくにも抗酸化成分が含まれています。

活性酸素には悪いイメージがついてますが、もともと体内に存在しているもので、外部から体内に侵入した細菌やウイルスを撃退する防御システムの役割を担っています。

SOD酵素

体を守る大切な役目のある活性酸素でも、必要以上に増えてしまうと体に取って有害な物質なってしまうため、体内でのバランスを取るためにSOD酵素活性酸素の攻撃力を抑えています

SOD酵素スーパーオキシドディスムターゼといって、生物の寿命や健康維持に関わる大事な成分です。SOD酵素は遺伝的な要因や年齢と共に減少してしまうので、体内の活性酸素を抑えられなくなり、増えすぎた活性酸素は細菌やウイルスばかりでなく、問題のない細胞まで攻撃を始めます。

こうして細胞の損傷が蓄積してくると、老化や免疫力の低下を招くことになります。活性酸素を除去するには、抗酸化作用のある物を食べることが一番で、中でもにんにくは抗酸化作用に優れた食品です

アリシン

特徴になっている強烈な香りは、硫黄化合物のアリシンが放っています。そのままの状態では存在していないのですが、アリインというアミノ酸が分解されて、アリナーゼと結合するとアリシンに変化します。細かく刻んだりすりおろしたりすると、香りが強くなるのは細胞が壊れてアリシンが多く発生するためです。

アリシンには強い抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素を取り除いてくれます。にんにくは様々な料理に利用される食品ですが、アリシンは熱に弱い成分なので、高温で加熱せずに生で食べると効果的です。

イタリア料理などではよくオリーブオイルと混ぜて使用されますが、アリシンが油になじむとアホエンという成分に変化します。アホエンは体内に吸収されやすく、抗酸化作用はそのまま保っていますが、独特の香りはなくなり無臭になります。高温のオイルにさらすとアホエンは失われてしまうので、100度以下のオイルに入れてそれ以上は加熱しないように注意します。

強烈な殺菌力があり、コレラ菌やO-157などの菌に対しても有効とされています。さらにアリシンはアホエンをはじめアリルスルフィド類やS-アリルシステインなど様々な形に変化していき、神経細胞を酸化から守ったり大腸を菌からガードして免疫力を向上させるなど、さまざまな器官で活躍していきます。

若々しさを保つ成分とされるビタミンEは代表的な抗酸化成分になり、血行を促進して老化を防ぐ成分といわれていますが、アリシンが脂質と結合すると脂質アリシンに変化して、ビタミンEと同様の働きをします。

S-アリルシステイン

色々な食べ方が楽しめる食品で、皮付きのまま熟成させて食べる方法もあり、熟成すると中身が真っ黒に変色して硫黄臭が消えて甘酸っぱい味わいになります。変色するのは熟成の過程で抗酸化成分が増えてくるためで、S-アリルシステインシクロアリインといった成分に変化します。

S-アリルシステインの抗酸化作用は神経にも影響を与え、働きが衰えてきたNK細胞を活性化する作用があるとされ、がん細胞の増殖抑制効果が期待されて研究が進められている成分です。

S-アリルシステインという成分は他の食品では見られない成分になり、殺菌力を和らげるので生で食べた時のような刺激がなくなり、抗酸化パワーは向上します。体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するのは活性酸素だけではなく、NK細胞や白血球の一種であるマクロファージも活躍しています。

有機ゲルマニウム

成分の中には免疫細胞を活性化する有機ゲルマニウムが含まれていて、この成分は細菌やウイルスと戦ったり有害物質を体外へ排出する働きも持っています。ゲルマニウムというと鉱物が思い浮かびますが、鉱物に含まれているのは無機ゲルマニウムといって体内に入ると、副作用が起きる場合があります。

野菜などの食品に含まれているのは有機ゲルマニウムになり、過剰摂取すると腹痛や脱毛などの症状が起きることもありますが、野菜に含まれているのは微量なので、副作用はほとんどありません。うまく活用すれば抗酸化による老化防止免疫力向上などにつながります。

まとめ

薬効が高いとされている数ある食品のなかでも、にんにくはトップです。アメリカ国立がん研究所によって発表されたデザイナーフーズ・ピラミッドは、がん対策に有効とされるきゃべつやにんじんなど40種類の野菜をピラミッド形の一覧にしたもので、にんにくはその頂点に位置しています

切り刻んだり熟成させたりすることで様々な成分へと変化する食品で、抗酸化を中心にたくさんの優れたパワーを持つ食品なので、できれば定期的に食べたいところですが、臭いが染みついてしまいそうな時は、サプリメントや熟成タイプが最適です