にんにくの適切な摂取量と過剰摂取による副作用

にんにくの適切な摂取量と過剰摂取による副作用にんにくは健康維持のためや、病気の予防効果がとても高い事で人気があります。

しかし一度にたくさん食べても効果があるわけではなく、かえって過剰摂取をしてしまうと副作用がある場合もあります。

ではどれくらい食べると効果的なのか、にんにくの摂取量についてご紹介します。

「にんにくの適切な摂取量と過剰摂取による副作用」の続きを読む…

にんにくが健康に良い理由とおすすめの摂取量

にんにくが健康に良い理由とおすすめの摂取量

にんにくが健康に良い理由とおすすめの摂取量
栄養抜群で、万病を予防するともいわれている「にんにく」。身近な食品としてだけではなく、古来よりその薬効効果から、として使われてきました。

ところで、何故それほどまでにんにくは私たちの身体に良いのでしょうか。

にんにくの主な成分

・アリイン

アリインは、にんにく特有のあの匂いの元となる成分です。ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるため、脚気などの病気のほか、滋養強壮、食欲増進、新陳代謝アップ、肝臓の機能アップなどの効果があります。

・アリシン

硫黄化合物のアリシンは、独特の匂いを放ちます。アリシンには抗酸化作用があり、発ガンを抑制する働きをします。また、連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す強い殺菌作用もあるため、風邪や気管支炎を予防します

・アリチアミン

アリシンとビタミンB1が結びついて形成される健康成分です。ビタミンB1は壊れやすい物質ですが、アリチアミンになると壊れにくく、吸収されやすくなります。アリチアミンは糖をエネルギーに変えるので、滋養強壮に効果があります

その他の成分

・アホエン

にんにくの主成分アリシンは、植物油などと結びつくとアホエンという硫黄化合物に変化します。アホエンには抗酸化作用があり、抗がん作用のほかにも血栓を予防する効果があるとされています。

・メチルアリルトリスルフィド

血小板が固まるのを防ぐ効果があります。そのため、ドロドロの血がサラサラになり、高血圧や動脈硬化、脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病を防ぐといわれています。

 にんにくの適正な摂取量

 ・1日の目安

生のにんにくなら1日1片が目安です。加熱したものなら1日3片までにしましょう。ただし、子供はその半分くらいにしたほうが無難でしょう。

・にんにくの副作用

にんにくは殺菌効果が強く腸内の善玉菌まで殺してしまうため、食べ過ぎると下痢をすることがあります。その場合は善玉菌を補ってくれるヨーグルトと一緒に食べるのがいいでしょう。

また、刺激の強さから胃壁や腸を傷つけてしまう場合があります。くれぐれも過剰摂取しないように心がけましょう

・臭いがキツイ

にんにくの主な健康成分アリインアリシンは、強い臭いを発します。それが健康のみなもとなのですが、食べると口臭が強くなるなどの弊害が出ます。

臭い消しの効果がある、梅干、牛乳、りんご、パセリ、緑茶やコーヒーなどのタンニンを含んだ飲み物などと一緒にとるとよいでしょう。

にんにくの効果的な摂取法

にんにくの効果的な摂取法

にんにくの効果的な摂取法
にんにくの効果的な摂取法ですが、独特のニオイとも向き合いながら食べましょう。生のままであっても、形状さえ崩さなければ、におうことはありません

カットしたりすりおろすことによって、硫化性アリルとアリシンが発生します。それが空気に触れて酸化して、あの特有の香りになります

効果的に食べたいならば、生をすりおろして食べると、体内での吸収が良くなりますので、様々な即効性にもつながりやすくなります。

疲労回復などにも、すりおろして食べるのは効率的です。ただ、すりおろしは、即効性があっていいのですが、刺激とニオイは強烈です。それを理解して、覚悟の上で食しましょう。

コツはすりおろしたら、時間をおかないで食べることです。にんにくはすりおろして、時間が経過することでどんどん悪臭になります。

せっかくのアリシンのもつ薬効も、一緒にダウンすることになります。ですから食事では、使う直前にすりおろすのが、最も効果的ですし美味しいです

にんにくは生で食べないといけないということもなく、実は加熱をしても、体内での効果は同じです。調理で加熱をしたらアリナーゼはなくなりますので、アリシンの生成がありません。

そうなるとニオイはないものの、素行の効果も消えます。ですが、体の中にアリシンが入り込むと、今度はビタミンB6と反応をします。こうして活性化するので、加熱をして食べても、にんにくが持っている効果はしっかりと発揮されます