肝臓が疲れやすい原因と対策

にんにくサプリメントおすすめ人気思いあたることがないのに、いつも体が疲れているように感じる場合は、肝臓が弱っている可能性があります。

それでは、肝臓が弱るというのはどういう事なのでしょうか?

<アルコールの過剰摂取>

お酒を飲み過ぎると、肝臓が弱ってしますことは良く知られたことです。

肝臓は、身体に取り込まれたアルコールを分解して、害の無いように解毒して体外に排出します。

お酒が体質的に飲めない人では、心配ありませんが、お酒を毎日のように飲む人では、アルコールを分解する能力がだんだん落ちてくるのです。

特に飲む量が多かったり、毎日飲み続けると、肝臓の細胞が壊れてしまって、元気な細胞が少なくなるため、実際は半分くらいしか肝臓が働いていないということになります。

もし、肝臓が弱ってしまうと、身体に取り込んだ糖の蓄積など肝臓のさまざまな機能が出来なくなりますので、身体が疲れを感じるのです。

<睡眠不足>

睡眠は、身体を休めるために、身体が求めている生体反応の一つです。

もし、仕事が忙しかったり、遊びに夢中になって、睡眠時間が短くなると、疲れがたまってしまいます。もし、その睡眠不足が続いてしまうと、さらに事態は深刻になります。

肝臓は、昼間に使ったエネルギーを補充したり、身体にエネルギーを供給するために、寝ている間も働いています。ですから、睡眠時間が短くなるような状態では、肝臓に大きな負担が蓄積するのです。

<薬物の影響>

は、病気の時にはとても心強いものですが、毎日のように摂取していると、肝臓に慢性的に作用をすることがわかっています。

肝臓は薬物を分解して、なるべく身体に負担が来ないようにしていますが、毎日のようにお薬を飲んでいると、肝臓の機能が低下してしまうのです。

肝臓が弱ってしまえば、同じように、慢性的な疲労を感じてしまうのです。

<食習慣の影響>

食べものが身体に直接的に害があるわけではありませんが、糖分や脂肪分を多く摂り続けると、肝臓が脂肪肝になって、どんどん肝臓の働きが悪くなるのです。

肝臓は、食べたものを身体に貯蔵して、必要に応じて排出する働きをしていますので、食べれば食べるほど、胃腸から送られてくる分解された物質が肝臓に届き、仕事をしなくてはならなくなります。

高脂肪食品は分解には手間がかかりますので、肝臓への負担も増えるのです。

<精神的ストレス>

いろいろな、臓器の動きをコントロールしているのはリラックスした時に働く、副交感神経です。

しかし、精神的に、緊張が続くと、副交感神経と逆の働きをする交感神経が優位となりますので、肝機能を低下させてしまうのです。

肝臓機能の改善には、にんにくサプリメントの摂取が効果的です。