貧血に効く食べ物

貧血に効く食べ物

貧血に効く食べ物

貧血に効く食べ物

立ちくらみやめまいがしたら・・・貧血をまず疑ってみてください。貧血は鉄分不足からおこります。
普段の食事に鉄分は足りていますか?十分な栄養を取って、貧血をしっかり防ぎましょう!

<貧血に効果的な食材①>

貧血は病気ではありませんので、医者にかかったり薬を飲んだりしなくてはならないわけではありません。

貧血は普段の食事を見直せば、未然に防ぐことが出来る症状なのです。以下に貧血を予防する、鉄分たっぷりな食材をご紹介します!

まずはひじき。
ひじきは煮物のイメージがありますが、炊き込みご飯にしたり海鮮サラダにしたりと、思いのほか幅広い料理に使うことができます。

ひじきは鉄分も豊富なのですが、ビタミンカルシウム食物繊維もふんだんに含まれていますので、健康にはもってこいの食材と言えるでしょう。

ひじきを食べることで、貧血予防に加えて美肌効果便秘解消も期待できるのです。

しかしひじきには難点が一つあります。それは「非ヘム鉄」といって体に吸収されにくい鉄分があることです。ひじき単品では、十分な鉄分を補うことができません

なのでひじきは食べ合わせが非常に重要になってきます。ビタミンCやタンパク質などを同時に摂取することで、貧血予防の効果が期待できるようになります

<貧血に効果的な食材②>

次にご紹介したいのはキクラゲです。
あまり鉄分のイメージはありませんが、キクラゲも貧血に効果的な食材なのです。

キクラゲは独特の形や食感をしていますが、実はキノコの一種なのです。主に中華料理に入っていることが多いですね。

キクラゲの中でも、とくに黒キクラゲが貧血予防にはよいらしいです。そしてお酢といっしょに摂取すると、鉄分の吸収力も格段にアップするとのこと。

酸辣湯や酢豚にキクラゲを入れてみるのもいいかもしれませんね!

<貧血によく効く飲み物>

食材だけでなく、貧血に効く飲み物もあります。それはココアです。
ココアの原材料はカカオ豆です。これを粉状に粉砕したのがココアになります。

ココアは濃厚でおいしいというだけではなく、健康増進してくれる栄養素がたっぷり含まれています。ポリフェノール、鉄分、亜鉛、マグネシウムなどが主に含有されている栄養素です。

食後に一杯、ココアを飲むだけでかなり貧血予防に効果があります。できれば甘さ控えめのピュアココアを飲むのがおすすめです。

市販の甘いココアよりも、栄養素が多いのがピュアココアの特徴です。カロリーもしっかりオフできますので、ダイエット中の方にも非常におすすめな飲み物です!

貧血

鉄分不足とにんにく

鉄分不足とにんにく

鉄分不足とにんにく

鉄分不足とにんにく

鉄分は人間の体が健康に活動していくために必要な栄養素です。鉄分が不足すると、貧血に陥る可能性が非常に高くなります

とくに女性は体質的に貧血になる可能性が非常に高いです。貧血を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

<貧血はなぜ起きるの?>

貧血は血液の中にある赤血球やヘモグロビンが減ることによって起こります。これらが減ると、脳や四肢の先、心臓などの体中に酸素を送ることがはばかられてしまいます

そうなると各器官が酸素不足になってしまい、労や息切れを起こしやすくなってしまいます。爪が割れやすくなる、髪の毛が痛む、口内炎ができてしまうというのも貧血の引き起こす症状です。

そもそも貧血は、正式に言うと鉄欠乏性貧血と呼ばれています。血液中で赤血球が生成されるときには、ヘモグロビンの主な成分である「鉄分」が使用されます。すなわち、鉄分不足が貧血が引き起こすすべても根源なのです!

<鉄分を補給するには?>

鉄分が多く含まれている食材をご紹介します。レバー、ほうれん草などが一般的に鉄分が多く含まれているとされる食材です。

しかしこれらを常日頃からたくさん食べられるかというと・・・そうではないですよね。

ほうれん草はお味噌汁やおひたしにして食するのが一般的ですが、毎日食べるのは苦ですよね。

さらにレバーは調理するのもなかなか難しく、食べるとなると居酒屋のレバー串くらいかな・・・という方が大半だと思います。

そこでご紹介したいのは「にんにく」です!スタミナ食材として広く知られているにんにくですが、実は鉄分不足にも非常に効果のある食材なのです!

<鉄分をにんにくで補給しよう!>

貧血、鉄分不足ににんにくなんて聞いたことない・・・という方も多いでしょう。にんにく自体は、レバーやほうれん草ほど鉄分は含まれてはいません。それではなぜにんにくは効果的なのでしょうか?

それはにんにくが「食品からの鉄分をより効率よく吸収する作用」を持っているからです。なのでにんにく単体で食すことはもちろん、他の鉄分を多く含む食材をいっしょに食べることでその効果をいかんなく発揮してくれるのです!

しかもにんにくは一度にたくさん食べる必要はありません。一日に1~2片を摂取すれば十分です。しかも最近はにんにくのサプリメントも、各メーカーからたくさん販売されています。

にんにくのにおいが気になる、にんにく料理が苦手というかたは、こういったサプリメントをうまく利用して鉄分補給することをおすすめします!

鉄分もとれるにんにく卵黄なら”しじみにんにく”がおすすめ

年末は仕事も忙しいですし、なんといっても忘年会シーズン。付き合いのため仕方なく出席しているという方もいるのではないでしょうか?前日遅くまで飲んだ後、次の日起きるのがつらい、お酒が残っている感じがするという方は体に負担がかかっているかもしれません。それでも仕事は休めない、飲みの場は続くとなればなかなか休息を取るのも難しくなってきます。昔は一晩中飲んでから仕事に行っても平気だったのに…と自分の老いを感じる瞬間でもありますね。

そこでおすすめしたいのが「しじみにんにく」というサプリメント。しじみもにんにくも健康にいい食材なので試してみる価値ありです。

 

翌日までお酒が残る、なんとなく頭がすっきりしない、そんなときに効果を発揮するのがしじみです。しじみに含まれる「オルニチン」という成分はお酒を飲むことで肝臓に溜まってしまう有害物質を除去し、肝臓の働きをよくしてくれます。肝臓の働きがよくなればアルコールに対する対処も楽になるので翌日までお酒が残ってしまうということが少なくなります。

意外と知られていないのが、しじみには鉄分が豊富に含まれるということ。しじみに含まれる鉄分はほうれん草の約2.7倍ともいわれています。鉄分は赤血球を作るために必要な成分であるだけでなく、栄養を全身に届けるために必要な栄養素です。鉄分を摂って貧血や低血圧を予防することで朝すっきりと起きられるようになります。にんにくのサプリメントはたくさん種類がありますが、鉄分も摂りたいという方はしじみにんにくがおすすめです。

 

しじみにんにくですから、にんにくの効果についてもご紹介します。にんにくは皆さんご存知のようによく元気の源と評されることが多い健康にいい食材として有名です。しかし、にんにくのにおいが気になってなかなか食べる機会がないという方もいるのではないでしょうか?しじみにんにくならにおいを気にすることなく、にんにくの成分をたっぷりと摂ることができます!

まず元気の源とされている「アリシン」という成分。これはにんにくを刻んだり、すりおろしたりしたときに出る酵素の一種で、スタミナの素ともいわれています。すりおろしにんにくなら日常の食事にも含まれていると思いますが、手軽に必要量を摂るというならしじみにんにくなどのサプリメントを活用することが重要になります。さらに年齢を重ねると、「やる気が出ない」と感じることが多くなったという方もいるのではないでしょうか?「やる気が出ない」「物事に集中できずイライラする」というのは実はビタミンB1の不足が原因といわれています。にんにくにはビタミンB1も豊富に含まれているため、一日のやる気を補給するのにぴったりの食材といえます。

 

しじみにんにくはにんにくサプリメントの中でも比較的安価なのも魅力的。毎日摂取してこそ効果があるためなるべく安いほうがいいですよね。安くても含まれている成分は豊富。しかもにんにくサプリメントには珍しく鉄分も含まれているため、サプリメントの効果を確実に全身に届けることができます。

体の衰えを感じてきた、もう少しかんばりたいという方は検討してみてはいかがでしょうか?

 

【にんにくで貧血になるという噂は本当?】

にんにくってとても食欲をそそりますよね。においが気になって仕事がある平日はなかなか食べる機会が無いけれど、にんにくが大好きという方もいると思います。スペイン料理にはオリーブオイルとにんにくを豪快に使用したアヒージョという料理があるようににんにくをおいしいと思う感覚は世界共通なのかもしれません。

 

しかし、実はにんにくを食べ過ぎると貧血になるという噂があるのをご存知ですか?

にんにくと貧血、あまり関係はなさそうですが実はどても深い関係があるのです。

年をとってきて血液がどろどろになり、血管が詰まりやすくなるという話を聞いたことはないでしょうか?脳や心臓の血管が詰まると死に至る危険性もあるため、血液のどろどろは早めに解消しなければいけません。そこで血液のどろどろに効くといわれているのが玉ねぎやにんにくです。玉ねぎで血液がさらさらになるという話はよく聞くと思いますが、にんにくにも同じ効果があります。にんにくを適切量摂れば血液をさらさらにしてくれるため、血管が詰まるのを防いでくれます。

 

この血液がさらさらになる効果が、にんにくを食べ過ぎると貧血になるという噂につながっているようです。にんにくには血液をさらさらにする血栓溶解作用というものがあるのですが、この血栓溶解作用が働きすぎると血液中の赤血球を減少させてしまうため、貧血になりやすくなるといわれています。

 

貧血は時に重大な疾患となりますが、少量のにんにくですぐ貧血になるということはないので安心してください。1日に10片以上、にんにく丸ごと1つ以上を毎日食べた場合に貧血になるかもしれないという話なのでそこまで神経質になる必要はないかもしれないですね。

にんにくは適当量を食べれば健康維持に非常に役立つ食材ですので普段の食事に少し取り入れてみたり、サプリでにんにくの成分を摂ってみることをおすすめします。

貧血