黒にんにくの栄養素

黒にんにくの栄養素

黒にんにくの栄養素
黒にんにくは、発酵の力によって栄養が非常に多くなっている食品で、現代人の食生活を支えるために役立ちます。豊富な成分が絶妙に含まれているのですが、アミノ酸についても同様に多く、絶妙な風味を醸し出します。

グルタミン酸

旨味の調和が素晴らしいのは、グルタミン酸が非常に豊富になっているためですが、刺激成分が前面に出ることがないために、穏やかな美味しさが生まれています

グルタミン酸が豊富なために、料理で使えば深いコクが生まれ、他の素材の美味しさも増大させます。同時に旨味の相乗効果も引き出しますから、実際に食べたときには、渾然一体の美味しさが広がることになります。

生のにんにくの性味は、温性にして辛味になるのが特徴ですが、長時間の発酵で熟成させれば、甘味も同時に豊富になります。この甘味については、胃腸に優しい特徴があり、食欲を増進させる力もあります。

芳香性の健胃効果は炒めて調理した場合にも発揮しますが、発酵させる場合においては、極めて芳醇な風味が醸し出されているのが特徴です。食欲がないときに食べれば、胃の調子が改善して、ご飯をしっかりと食べられるようになります。

アリシン

強烈な辛味成分として有益なアリシンは、黒にんにくにも豊富に含まれ、血液をサラサラにさせる力を持っています。生の状態では極めて辛く、強烈な匂いを発するものですが、発酵によって風味は穏やかになっています。

普段の生活で食べても、匂いが残る心配がなく、滋養成分を存分に摂取できます。アリシンの働きで血液がサラサラになれば、温熱効果が高まり、冷えの症状も和らぎます。寒い季節には、鍋料理の薬味として使えば、体を芯から温めることができます

カレー料理に加える場合には、アリシンの成分が十分に浸透するだけでなく、旨味成分も増大するために、疲労回復や食欲増進の作用を引き出しやすくなります。

ミネラル

発酵の製法を用いることによって、黒にんにくにはミネラルも豊富になり、体にとって欠かせない栄養を溜め込むことになります。塩の主成分になるナトリウムが含まれていますが、同時にカリウムも多くなっているため、食べても高血圧になる可能性が低くなります

カリウムの量については、生の状態よりも大幅に増えているため、塩分が気になる人にとっても有益です。味噌汁の中に一緒に入れる場合には、味噌の量を少なくしても旨味が十分に生まれ、カリウムの働きでナトリウムの排出も促進します。

この食材は旨味の塊であり、同時にカリウムの宝庫でもあるのですから、塩辛くて濃厚な料理を好む人にとっても役立ちます

黒にんにくに含まれるミネラルとしては、造血に必要な鉄分も多く、生の状態と比較すれば歴然とした差が生じています。鉄分が豊富な特性を活かして、肉料理の味付けで使うようにすれば、素晴らしいスタミナ食になります。

レバーと一緒に調理すれば、夏バテや貧血を予防するために役立ちます。さらに、慢性的な疲れで困っているときにも食べれば、スタミナが復活しやすくなります

亜鉛

黒にんにくには亜鉛も多く含まれるために、成長を促進して、味覚を養うためにも役立つことになります。一緒に含まれるアルギニンとの相乗効果も働きますから、体を元気にさせる力は非常に強くなります

本来は別々の食材から吸収することが多いスタミナ成分を一度に吸収できるために、少ない量でも十分な満足感が得られることになります。亜鉛は不足しやすいミネラルの一つなのですが、発酵食品の力を借りることによって、十分に解決できます

ポリフェノール

発酵の過程では、大量のポリフェノールが生産されて、抗酸化作用が活発になることも重要です。発酵によって香りは複雑に変化して、色は極めて濃くなるわけですが、老化を予防するためには有効です。

ポリフェノールの強力な抗酸化力によって、お肌の老化を防ぎ若々しさを保つためにも役立つことになります。生の状態ではポリフェノールは少ないですから、大量に食べることも難しくなります。

発酵させてしまえば、そのままの状態でも食べることが可能で、矯味の役割も担うことができます。納豆と一緒に食べたり、冷奴の薬味として使う場合においても、ポリフェノールの優れた作用と調和させることができます

ビタミン

黒にんにくには糖質も含まれていますが、ビタミンB1も同時に含まれることで、スタミナを生み出す力が相乗的に働きます。アリシンがビタミンB1と結合することで生まれる成分についても、人体にとって極めて有益です。

ご飯と一緒に食べる場合には、糖質をエネルギーに変える力が強くなり、疲れを素早く解消させます。この恩恵によって、人間は常に活動的に動けるようになり、前日の疲れを感じることも少なくなるのが魅力です。

ビタミン類と一緒に食物繊維も含まれますが、脂質は極めて少なくなっています。ダイエット中に食べても太る心配が少なく、匂いを残すこともありません。本来のタンパク質は、発酵によってアミノ酸に分解されているため、消化吸収にも優れています

黒にんにくを使った料理レシピ

黒にんにくを使った料理レシピ

黒にんにくを使った料理レシピ

黒にんにくには深い旨味があるため、料理のレシピで使う場合には、主役としてもふさわしい役割を担ってくれます。他の食材の旨味を開花させたり、矯味の役割をすることもあるため、あらゆる分野で使えば腕前も上達します。

焼き肉のタレ

独特な旨味を活かすためには、焼肉で使うことが最適で、作り方も簡単です。
焼肉のタレとして使うために、この食材を基本にしながら、リンゴタマネギを使って甘味も加えておきます。

ペースト状にしてからは、豚肉や牛肉に合わせるようにして、醤油や酒も加えて風味を良くしておきます。最後には鉄鍋でしっかりと焼けば、素晴らしい旨味が肉に合わさり、絶妙の美味しさになります

焼肉は熱々のご飯に重ねるようにして、丼に盛り付けるようにすれば、ボリュームもたっぷりな状態になります。

焼き魚の調味料

黒にんにくを味噌や砂糖と一緒にして、焼き魚の調味料にすることも有効で、ご飯のおかずとしてもおすすめできます。味噌は甘味が強いものを選んだときには、砂糖は控えめにして、全体的な風味の調整をします。

豆味噌を使う場合には、砂糖を多めに加えるようにして、塩辛さを軽減させておきます。全ての調味料を合わせてからは、好みの白身魚を漬け込むことで、旨味が少しずつ浸透していきます

味噌漬けの方法アレンジする形ですが、にんにくの独特な旨味が加わることで、タンパクな焼き魚の味が決定的に変化します。

しっかりと漬け込んでからは、焦がさないように直火で焼けば完成します。この料理は冷めても十分に美味しいですから、お弁当のおかずとしても重宝します

イタリア料理のサラダ

黒色の見た目はオリーブの実と共通するものがあるため、イタリア料理のサラダの材料として使えば、不思議な美味しさを醸し出すことができます

このサラダを作るために、黒にんにくは食べやすい大きさに切り、ルッコラや生ハムなどの材料を切り揃えておきます。

イカやタコなどの魚介類も用意しておけば、磯の香りも素晴らしく、全体的な旨味が豊かに変化します。

野菜を皿に盛りつけてからは、バルサミコ酢オリーブ油を基本にして、塩やコショウで味付けしたドレッシングをかけます。

魚介類を入れる場合には、火の通しすぎには注意して、風味を損なわないようにします。最後に全ての材料を合わせれば、イタリア風のサラダが完成します。

中華の炒め料理

中華の炒め料理で使う場合には、あっさりとした野菜の味にコクを与えて、濃厚な後味にすることができます。季節に合わせて素材を選ぶ必要がありますが、春の季節にはタケノコの炒め物として調理すれば、歯ごたえと一緒に素晴らしい風味を楽しめます。

黒にんにくは合わせ調味料の中に加えて、オイスターソースや醤油などと合わせておきます。最初には下味を付けた豚肉を香味野菜と一緒に炒めて、タケノコも後から加えてからは、合わせ調味料を素早く入れます

強力な火力で炒めることで、素材の旨味は凝縮して、極めて贅沢な美味しさになります。見た目は豆鼓の色にも似ていますが、にんにくの独特な香りもありますから、食欲も増進させる力があります

中華粥

中華料理のレシピで応用する場合には、中華粥の材料として使うこともおすすめです。このレシピは薬膳の知識も活用して作るようにすれば、五味のバランスが良くなり、栄養の偏りもなくなります

中華粥のレシピでは黒にんにくを基本にして、お米やクコの実などを使います。体を温めて風味も良くするために、ネギと生姜も用意しておきます。

最初には香味野菜を炒めてから、鶏ガラスープを入れて、米も加えて煮込んでいきます。にんにくも同様に加えて、深い旨味を出すようにしますが、素材を焦がさないように弱火で煮込むことが大切です

素材からは複雑な旨味が出るため、味付けは塩だけでも十分です。クコの実は終盤に加えて、赤い色彩も豊かになるようにすれば、最終的には中華粥が完成します。このレシピは、炊いたご飯で作る場合には、調理時間を大幅に短縮できます。

餃子

中華料理の味が物足りない場合にも使えば、プロも顔負けの味が生まれ、他人にも自慢できるようになります。餃子の具材として使う場合には、強烈な匂いは軽減できますが、旨味は相乗的に深くなります

ニラキャベツを基本にして作りますが、季節によっては白菜を使うこともできます。餃子の具材として加える場合には、細かく刻む必要はなく、一緒に混ぜて練り込むだけで大丈夫です。

豚ひき肉に加えて、エビのすり身も一緒に練り込めば、熟成した味わいと絶妙に調和します。小麦粉の皮で包んでからは、焼き餃子にして楽しんだり、水餃子にすることもできます。煮込む場合には皮をしっかりと閉じて、具材が外側に漏れないようにすることが大切です。

即席スープ

黒にんにくを使えば、即席のスープを作ることも容易ですから、忙しい人にとっても重宝する食材です。小さい器を用意して、顆粒スープの素を加えて、にんにくネギを一緒に入れます。

さらに、塩とコショウを加えてから、熱湯を注ぐだけで完成します。このスープを飲めば体がよく温まり、後味も爽やかになるため、夜食用として作ることもおすすめです。

熟成した黒にんにくの効果

熟成した黒にんにくの効果
今、健康食品でよくテレビCMやチラシなどでよく見かける、話題の黒にんにく、しかし、どのようなもので、どのような効果があるのかあまりぴんと来ない方も多いのではないでしょうか。
そこで、黒にんにくについて、詳しく説明いたします

黒にんにくとは

この、黒い色はもとからではありません。白い普通のにんにくを高温、高湿の一定の環境に置いて、3週間から4週間経つと熟成してできた黒い色なのです。

なので、製造過程では全く食品添加物を使用していない自然の食品です。この製造がどこで生まれたかといいますと、三重県が発祥だと言われています。

さて、どんな味がするのか気になりませんか。いくら健康になれるからと言っても苦手な味だと続けて食べることは出来ません。見た目も少しグロテスクで躊躇してしまいそうです。

黒くなったにんにくは、熟成の間で糖度が増えるそうです。なので、甘い、例えて言うなら、ドライフルーツの様な食感です。口の中に入れた瞬間は、甘酸っぱい香りが広がります

ほとんどの皆さんが思われている様な、にんにく料理を食べた後のにんにく臭いにおいは全くありませんので、気にせずに食べられます

また、普通のにんにくと違って、胃への刺激が少ないのでお子様からお年寄りまで安心していただけます。だいたい、1日の適量は、1片から2片を目安としてください。

黒にんにくの効果

この黒にんにくの効果ですが、白にんにくの約10倍もの効能を持っております。白にんにくも健康に良い食材で有名なのに、その10倍となれば凄いです。健康で若々しい身体を作りたい方には最適な健康食品と言えます

まず、滋養強壮体力強化がある、血液がさらさらになる、冷え性が改善される、免疫力スタミナがアップする、高血圧を予防する、動脈硬化を予防する、また、マウス実験では抗がん作用が確認されています。

これを見れば、老若男女とどの年代でも飲んで損はないことが分かります。また、普通の白いにんにくより、抗酸化作用がはるかに強いことが分かっています。

この抗酸化作用とは、活性酸素を除去する力を持っています。この活性酸素は私たちが歳を取ればどんどん増えていきます。活性酸素は体の中で細胞を傷つけたり老化させたりします。この活性酸素を体内から除去してくれるのは凄いことです。

このことから、ガンなどのリスクを減らすことが出来ると言われています。その他にも、血液の循環を促進させて、身体全体を暖める効果があります。

血液を促進させ、身体の体温を上げるため、冷え性の改善はもちろんのこと、疲労回復体力増強などにも効果があるとされています。

黒にんにくに含まれるすばらしい成分

この黒にんにくの中に含まれるすばらしい成分が、アルギニンです。よく最近テレビCMやチラシなどでよく耳にしたり目にする言葉です。

しかし、名前だけでよく分からない方も多いかと思われます。アルギニンとは、疲労回復や体力や精力の増強によいとされている成分です。アルギニンとは、天然に存在するアミノ酸の一種で、そのほかには、成長ホルモンの促進や老化の進行を抑えてくれます

また、感染症などの免疫力を高めてくれたり、一酸化窒素を生成してくれます。この一酸化窒素とは、注目すべき成分です。あまりご存知のない方が多いと思われますが、これは様々な性機能回復を目的としたサプリにも多く含まれる成分です。

あの有名なバイアグラなどの主成分にもなっているのです。この一酸化窒素を生成するアルギニンがたくさん含まれているのです。これは普通の白いにんにくと比較したところ、なんと3倍あるそうです。男性には必見の成分です。

黒にんにくを使った実験

この黒にんにくをブレイクさせたのが、元弘前大学の医学部教授の佐々木博士です。佐々木博士はがんを発症させた10匹のマウスのうち、5匹のマウスに黒にんにくのエキスを投与しました。

その結果、2匹ものマウスからがん細胞が消えました、そして残りの3匹もがん細胞が4割近くまで減少するという驚きの結果が出ました。なにも処理をしないマウスは、がん細胞が2倍近くまで増殖したそうです。

その後も念のため、同じ実験を再度おこなったところ、なんと5匹中3匹ものマウスのがん細胞が消失しました。そして残り2匹はがん細胞が半減していたそうです。

さらに今度は生の普通のにんにくで同様の実験を行ったところ、がん細胞が消失したマウスはいなかったそうです。この実験が新聞に大きく取り上げられて、黒いにんにくがブームになり、一躍有名になったそうです

まとめ

この黒いにんにくは消費者からの評判もよく、広まってからずっと人気となっています。今では様々な商品も出ており、通販などで購入できます。しかも、自宅でも簡単に作れる商品です。

必要な材料普通の白いにんにくだけです。国産がよいかと思われます。この白いにんにくを1片ずつバラして、外皮を剥いて、薄皮1枚くらいにしておきます。

これを炊飯器の中に入れて保温ボタンを押すだけです。10日から2週間で出来上がりです。時間がかかりますが、試してみてください。

黒にんにくの驚きの効果!

黒にんにくの驚きの効果!最近とても話題になっている黒にんにくですが、一体黒にんにくとは何か、そしてその人気の秘密となる効果についてご紹介したいと思います。

にんにくは滋養強壮としての働きが抜群ですが、

黒にんにくにはどのような違いあるあるのでしょうか。

「黒にんにくの驚きの効果!」の続きを読む…

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒にんにくとニンニク卵黄の作り方

黒ニンニクの作り方

ニンニクの成分を最大限に取ることができるのが、黒ニンニクです。サプリメントでも購入することが出来ますが、自分で手作りすることも可能です。

作り方はとても簡単です。家庭にある炊飯器にニンニクを必要な分だけ入れておきます。そして保温スイッチを入れて10日から16日間放置しておくだけです。

炊飯器によっては途中でスイッチが一定時間になると切れてしまうタイプがありますので、そのときには何度かスイッチを入れなおしながら、保温機能が継続できるように工夫をしてください。

炊飯器は黒ニンニク専用のものを使うと臭いがついても安心ですね。炊飯器の中ではにんにくから出る水分が底にたまってしまうこともあります。すのこなどを入れておくと綺麗に出来上がります

そして保温を始めた数日間は、にんにくの臭い部屋中に充満してしまいますので、臭いが出ても大丈夫な玄関先などでがオススメです。使うニンニクは秋冬物が水分が少なく、乾燥しやすいです。

ニンニク卵黄の作り方

ニンニク卵黄はサプリメントがとても有名ですが、自分で作ることも可能です。ニンニクには疲労回復をする効果やスタミナを付ける作用がありますので、ぜひ毎日食べたい食材のひとつですね。

ニンニクを使った料理を毎日食べることが必要ですが、忙しい時には、にんにく卵黄を作って毎日食べてみましょう。使うものは、にんにく6個卵黄2個の割合で用意し、ニンニクの皮は綺麗にむいておきます。

そしてかぶる程度の水でにんにくを水気がなくなるまで煮てください。にんにくが軟らかくなる為に、ペースト状につぶすことが出来ます。そこへ用意した卵黄を混ぜて、再び火にかけてよく混ぜてください

弱火でゆっくり混ぜたら。広げたラップの上にそのペースト状のニンニク卵黄を広げます。2、3日間かけて、乾燥させます。途中で裏返して、更に乾燥をさせます。

両面がよく乾いたら、包丁で細かく切り、小さな玉のように丸めて、再度乾燥して出来上がりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

黒にんにくと普通のにんにくの違い

kuroninniku

黒にんにくと普通のにんにくの違い

見た目の色が明らかに違うことも相まって、にんにくを品種改良して開発されたのが黒にんにくだと思われがちですが、実際はにんにくを数週間から約一か月間、熟成・発酵させることによって作られるのが黒にんにくです。

にんにく自体栄養価の高い食材として元気になりたい時の食べるイメージが定着していますが、黒にんにくには熟成と発酵で手に入れたS-アリルシステインという成分も含まれています。

この成分の特徴としてあげられるのが高い抗酸化作用で、動脈硬化や悪玉コレステロールの改善に大きな期待が寄せられていて、この他にもポリフェノール濃度が約10倍にも向上しているデータもあります。にんにくの更なる上を目指す健康食品といっても差し支えないでしょう。

栄養面での違いは黒にんにく優勢ですが、それは食べやすさの面から見ても変わりません。

黒にんにくはにんにくよりも糖度が増していて、食感もプルーンに近いのでドライフルーツ感覚で食べられる食品となっていますし、熟成過程においてイオン化合物の量も減少するため、通常のにんにく独特の臭いもありません口臭を気にせずに食べられる点は黒にんにくの大きな魅力でしょう。

また胃への刺激も優しくなっているので、胃が弱い人でも食べられるメリットもあります。にんにくは臭いや刺激から大人の食べ物という印象が強かったですが、黒にんにくは家族全員で美味しく食べられる食品です。この点も両者を比べるうえで大きな違いとなるでしょう。